ゴロコのつぶやき

ゴミをあさる近隣住人 うちのゴミを持ち帰った犯人はいったい誰??



「え~!!何で~?」
「こんなことをしたのはいったい誰?」

我が家のゴミをあさった近隣住人がいる
我が家のゴミを持ち帰った近隣住人がいる

 

しっかりと縛って捨てたはずのゴミ袋の口が、
どういうわけか開いていた

 

中身が明らかに減っている
不要なのでゴミとして捨てたものを持ち帰った人間がいる

 

いったい誰?
人の家のゴミをあさるだなんて・・・
何とも気味が悪い

 

不燃ごみの日に、我が家にある不要なものを処分した
ガラスコップ、ガラスの皿、メッキのはがれたもの、使い勝手の悪いものなど
不要なガラス製品や陶器を指定の透明な袋に入れ、ゴミ置き場へ持っていった

 

いつもなら、そのまま捨てて終わりなのだが、
さすがに量が多く、本当に不燃ごみとして処理してもらえるか心配だったので、
気になって後から見に行った

 

ゴミ処理業者はまだ来ておらず、
ゴミ置き場にはたくさんの不燃物が置かれたままになっていた
そして、思わぬ事態に遭遇したわけだ

 

「え?何で?」
私が捨てたゴミ袋の口があいていた
そして、明らかに量が少なくなっていた

 

「こんなことをしたのはいったい誰?」

 

ゴミとして袋に入れたはずのコップなどがなくなっていた
なくなったすべてのものを把握することはできなかったが、
パンパンに入れたはずの袋の量が、半分ほどになっていた

 

確かに、まだまだ使えるものばかり
もったいないと言えばもったいない

 

でも使わない・・・
置き場に困る・・・
ということで不燃ごみとし処分したのだが・・・

 

通りすがりの人がゴミを拾っていったとは考えにくい
おそらく犯人は、同じゴミ置き場を利用している近隣住人だ

 

ゴミを出しに来たついでに、
私のゴミの中身に気づき、持ち帰ったのだろう

 

しっかりと縛ったゴミ袋をわざわざ開けて持ち帰った
周りの目が気にならなったのだろうか・・・

 

ゴム袋に出した人の名前が書いてあるわけではないけれど、
自らリサイクルに出したわけでもないのに
捨てたものが他人の家に置かれていると思うと何だか嫌だ

 

もしかしたら、拾った相手は私が捨てたのを見ていたのかもしれない
うちの捨てたものだと知っているかもしれない
そう思うとなおさら気持ち悪い

 

他人が捨てたゴミをあさるなんて信じられない
それはやってはいけないことなのではないかな・・・

 

それが近隣住人だと思うとぞっとする
もしかしたら、またゴミをあさられるかもしれないと思うと
何だかゴミを捨てることまで怖くなる

 

やだな・・・
なんでうちのゴミをあさったの・・・
犯人はいったい誰なんだろう・・・

 

不要なものを捨てて気分がすっきりするどころか、
ゴミをあさられたことで悶々とした気分だ







-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ