ゴロコのつぶやき

アウトレット家具の落とし穴 安いにはそれなりにワケがある!!



アウトレット家具は、やはりB級品だ
何かしら理由があるから価格が安い
目に見える傷、見た目ではわからない欠陥箇所・・・
正規品に劣る何かが必ずある

 

だからB級品だ
値段の安さやお得さだけを求めて買うべきではない
そのことを今更ながら痛感した

 

数年前に購入したタンスが壊れた
なんと、引き出しの底が抜けてしまった
4段ある引き出しすべての底が抜けていた

 

え?タンスって壊れるの?
タンスの底って簡単に抜けるの?
まさかの事態にびっくりだ

 

とりわけ重たいものを入れていたわけではない
衣類箪笥として使用しており、
シャツや下着、靴下などを入れていただけだ

 

乱暴に扱っていたわけでもない
普通に開け閉めしていただけだ

 

それなのどうして・・・
どうして底が抜けたの?
不思議で仕方がなかった

 

このままではまずい・・・
何とか修理しなければ・・・

 

とりあえず中に入れていたものをすべてずり出し、
底の抜けた引き出し部分を確認した

 

すると・・・
底板をハメ込む部分の彫がかなり浅く、
力が加わると簡単に抜けてしまいそうな構造になっていたことが判明

 

こんなにも脆い作りになっていたとは・・・
こんな作り方ある?
こんな欠陥があったとは・・・

 

その欠陥タンスこそ、アウトレット家具店で買ったものだ

 

大手家具屋でタンスを一通り物色
値段を把握したうえで、
もしかしたら掘り出し物があるかも!!と期待し
アウトレット家具屋へと出向いた

 

アウトレット家具店に置かれたB級家具とは
正規で販売される途中で何かしらケチのついたものであるというイメージだった

 

どうせ使ううちに傷はつくのだから、
同じようなタンスなら傷が多少ついていても安くて十分だと思っていた

 

そして運命のタンスと出会った
大手家具屋で気に入ったものとかなり似ていた
いや、同じものではないかと思った

 

大手家具屋では6万~7万円
B級家具店では3万円ほど
値札にも50%以上値引き!!と記されていた

 

安い理由は、表面の傷
2センチほどの傷があるだけ
気になるような傷ではなかった

 

やだ!お得~!!
気に入っていたものとほとんど同じだし、
新品で買ってもいつか傷つくんだからこれで十分!!
ラッキー!!
そう思い、即決で購入した

 

その結果、数年後にはタンスの引き出しの底が抜けた
脆い作りであることが発覚した

 

当然、保証なんてない
大手販売元でもないので修理だって自己責任だ

 

まさかアウトレット家具にこんな落とし穴があったとは・・・
安さにつられ、損した気分だ

 

本当にいい家具を買おうと思うのなら、
やはり正規ルートで高くてもいいものを買うべきだ
その時は高く購入しても、買い替えなけでば結果安くなる

 

B級家具を安く買い、
数年後には壊れて買いなおす、修理するなんてバカバカしい
むしろ大損だ

 

アウトレット家具屋のB級家具には何かしらワケがある
目に見えるものだけが事実ではない
見えない欠陥が隠れているかもしれない

 

そのうえで、購入するならまぁいいだろう
仕方がないだろう
そう諦めるしかないのだけれど、
まさか引き出しの底が抜けるとはね・・・
けっこう衝撃な出来事でした







-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ