銀行員を辞めた今

銀行での女性差別 時短勤務の女性は負け組 家庭をとれば仕事で負ける銀行社会 

 

私が以前勤めていたメガバンクでは、女性活躍推進活動に力を入れていた
ただ、それは世間的な表向きだ
実際には銀行で働く女性にとって厳しい現実がある

 

それはまさに銀行での女性間差別だ
同じ女性銀行員であっても、
女性を取り巻く家庭環境によって大きく左右される

銀行という組織では家庭を捨てた女性が勝つ
これが私の結論だ

 

子供をもつ女性銀行員は不利
長年、私が長年感じてきた銀行内での女性間差別的実態だ

 

育休明けの女性銀行員の多くは
時短勤務を望む
実際に私自身、時短勤務をしていた

 

福利厚生の中にも、
短時間勤務や子育てのための特別休暇があるのだから
取得するのは当然の権利だ

 

ただ、短時間勤務を取得すること仕事での負けを意味する
肩身の狭い思いをすることは確かだし、
女性銀行員としてこれまで積み上げてきたキャリアを失うことは確かだ

 

もちろん、その事実を公にしているわけではない
でも、その影響は顕著に表れている

 

・出世コースから外れる
・大きな案件を任せてもらえない
・時短で帰る人という位置づけ

 

時短勤務を選択する時点で仕事での負けが決まる
出世コースから外れることは間違いない
時短で退社してしまうのだがら、
当然臨機応変に対応できないので大きな案件からは外される

 

それは仕方がないことであり、
時短勤務を取得する女性は納得して取得してる

 

ただ、時短勤務をしている女性にとって一番辛いのは、
周りの行員から「この人はどうせ時短で帰る人だ」と思われること
周りの行員からどこか疎外感を感じることは確かだ

 

先に帰ることに対して申し訳なく思ったり、
時短で帰るという後ろめたさから自分の意見を押し殺している女性も多い

 

当時、キャリアウーマンでバリバリ仕事をしていた先輩が
時短勤務をすることでどこか歯がゆさを感じると言っていた

 

仕事ができる女性行員であればそれなりに知識やスキルがある
同僚を引っ張る力もある
でも、時短勤務という後ろめたが邪魔をする
時短勤務させてもらっているのだから出しゃばったことをしてないと思う

 

これは、自分が両方の立場を経験したからこそわかる事実だ

 

自分が独身でバリバリ仕事をしていたころは、
時短勤務する女性をどこか見下していた
仕事を途中で切り上げる女性行員に対して無責任だと思ったこともある

 

でも、その考えは間違っていた
時短勤務をしている女性でも、仕事に対して責任感はある
時短勤務であっても知識やスキルは他の行員よりも高い
積み上げてきたキャリアだってある
そのスキルを活かしてもっと意見を主張していいと思う

 

そう思うけれど、
これは時短勤務を経験した女性でなけでば決してわからないことだ
疎外感、後ろめたさなどを経験した女性でなけでばわからないことだ
これが子供を抱える女性銀行員の厳しい現実だ

 

その一方で、小さな子供を抱えながらも時短勤務を使わず
仕事を優先している女性銀行員が必ずしも勝ち組だとも思わない
自分のキャリアや出世を優先し、仕事をしている女性であっても
大きく失っているものは必ずある

 

子供を延長保育や児童クラブなどで預かってもらっている女性もいるだろう
親に頼り自分の代わりに子育てしてもらっている女性もいるだろう

 

仕事をするうえでそういった選択も決して悪くない
仕方のない事情だってある

 

ただ、常に子供に申し訳ないと思う気持ちがある
仕事をしていることで子供に我慢させていることも多い
仕事をとることで、子供に対しての後ろめたさがある

 

結局、子供をもつ女性が銀行で仕事をするということは、
何かしら後ろめたさがある
それが職場なのか、家庭なのかの違いだ

 

長い銀行員人生の中で
両方の立場を経験したが、
どちらも辛い
銀行での仕事をとれば銀行では勝ち組
でも、子供と過ごせなかった時間は戻ってこない

 

銀行での仕事と家庭の両立は、
絶対に不可能だ
私の知る限りどちらかを犠牲にしなければ絶対に成り立たない職業である

 

-銀行員を辞めた今

© 2020 にこタイムズ