ゴロコのつぶやき

【恐怖体験】新型コロナの感染が怖いけど、勇気を出して病院へ行ってきたときに感じたこと 



病院に行ったら、新型コロナウイルスに感染するのではないか・・・と恐怖を抱いている人もいるのではないでしょうか?そんな中、私は不安を抱きながら病院へ行ってきました



病院へ行ったらコロナに感染するのではないかという不安

新型コロナウイルスの感染者が増え続けており、医療崩壊の危機が懸念されていますよね。

ということは、病院には感染者がたくさんいるということ。

感染者が少ない地域に住んでいたとしても、身近に感染者がいる可能性も十分に考えられるわけです・・・

発熱や体調不良の人は、病院を受診するはずので、病院に行ったら感染するリスクが大きくなる。

現に、病院クラスターも起きているので、病院こそ危険な場所なのではないか、と思っています。

そのため、病院にいったら感染するかもしれない・・・という思いが強く、なるべく病院に行かないようにしよう、と思っていたのですが・・・



 

感染リスクを考えて規模の小さな町医者よりも大きな総合病院を受診することにした理由

子供のおちんちんが赤く腫れてしまったので、病院へ行かざるを得ない状態になってしまいました・・・

病院を受診するにしても、できるだけ感染リスクを抑えたい、と思いあれこれ考えた結果、大きな総合病院を受診することにしました。

その理由は、新型コロナの感染に対する徹底した管理体制がなされていると聞いたから。

問い合わせてしたところ、病院に入る前に検温を実施し、発熱がある人や感染の疑いがある人を隔離しているときいたので、管理体制を信じて総合病院に行くことにしました。

もちろん、規模の小さな町医者の方が、待ち時間が少なくアットホームなので私は好きなのですが、狭い空間の中で感染者に接触してしまった場合、感染は避けられないという危機感があり、今回は大きな病院へ行くことにしたのです。

 

病院を受診して感じた恐怖体験、病院はできるだけ行かないほうがいい

病院を受診して思ったことは・・・「とにかく怖い」ということ。

今までは、病院は病気を治してくれるところで、受診してもらって安心することも多かったのですが、入る前からどこかピリピリした雰囲気を感じました。

入口で体温チェック。もし気づかないうちに自分が発熱していたらどうしよう・・・とヒヤヒヤΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そして、病院内へ・・・

病院内には、すでに多くの患者さんが来院されており、すれ違うたびに何だかヒヤヒヤしました。すれ違う人がもし感染していたら・・・と思うと怖くて怖くて・・・

そして待ち時間の間もとにかく不安でした。

子供がソファーをペタペタ触るたびに、菌が付着するのではないか、と思ったり、ソファーに座ったことで、感染したらどうしよう・・・と思ったり・・・

病院内の空気を吸っているということにも抵抗を感じ、空気感染したらどうしよう、ととにかく不安を感じました。

病院を受診し、薬を処方してもらえたことはよかったのですが、それ以上に感染するのではないか、という恐怖のほうが強く、落ち着きませんでした。

今はできるだけ病院には行かないほうがいい・・・と私は思います。

少々の風邪だったり、自宅で保管している薬で対応できるようなら、そうしたほうがよい気がします。

私は子供の風邪症状についてもついでに診てもらい、風邪薬を少し多めに処方してもらいました。

病院に行くことに不安を感じていることを伝えることで、それなりの対応をしてもらえます。

先生も、自宅で様子見できるようなら症状であれば、感染しないためにも病院への通院を極力控えたほうがよいだろう、とおっしゃっていました。

今の時期、病院にはできるだけ行きたいないですね・・・

自宅で簡単ダイエット↓


除菌対策として大好評↓↓


-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ