ゴロコのつぶやき

子供に賞味期限切れの飲料水が配られた 期限切れの飲み物なんて配るなよ!!



子供が地域の清掃活動に参加した時のことだ
参加賞としてあるものが配られた

 

これをどう捉えるか
どこまでが許容範囲なのかは実に難しいところだ

 

子供たちに配られた参加賞とは、
賞味期限切れの炭酸飲料水だ
4日前に賞味期限が切れたばかりだ

 

どうして子供たちに賞味期限切れの飲料水が配られたのだろうか
これはあくまで私の推測に過ぎないのだが、
いくつか推測することができる

 

・子供の参加者が少ないので子供用の参加賞を用意していなかった
・期限切れが迫っている商品を安く購入した
・他の景品で使ったあまりが残っていた

 

子供たちにこれらの期限切れの炭酸飲料水が配られる際、
担当者は期限切れであることを把握していた
そのうえで「賞味期限は切れているが欲しい子供は好きなだけどうぞ」
期限切れの炭酸飲料水を差し出した

 

当然、ジュースは子供たちにとっては最高のご褒美
この場にいた子供たちは期限切れであるにも関わらずス数本ずつ持ち帰っていった

 

基本的に地域の清掃活動には
各家庭から最低1名が参加
そのため、大人が参加するケースが多い
ただ、子供がいる家庭では
子供たちがついてくることもある

 

そのため、期限切れの炭酸飲料水を持ち帰った子供たちは
親の同意のもと持ち帰ってきたことになる

 

当然、我が家の子供たちもそうだ
うれしそうに2本ずつもらって帰ってきた

 

ここから先は、家庭での自己責任となる
配布する際に、賞味期限切れであることを伝えているのだから
当然、持ち帰らないという選択肢もあった
そのため、この先、この期限切れの炭酸飲料をどうするかは親の判断となる

 

なんでこんなものを配るんだ
賞味期限切れなら配るなよ
それが率直な意見だ

 

賞味期限切れと言われても
小学2年生と年中であれば意味がわからない
自分たちがもらってきたのだから当然飲めるものだと思っている

 

4日前に賞味期限が切れた炭酸飲料水
これはあくまでも個人的は見解であるが、
4日前ならギリギリセーフ
飲んでも問題ないだろう・・・とは思う

 

実際に飲料水の賞味期限について調べてみると
消費期限とは異なりある程度は許容範囲だ
メーカーや種類にもよるが、2~3ヵ月程度なら十分に飲めるらしい

 

そして、我が家の子供たちは帰宅後すぐに氷を入れて飲んでしまった
私も飲んでみたが、味も普通で特に何も問題はなかった

 

ただ、気分的に何だか腑に落ちない
世間では品質管理が徹底され、
賞味期限や消費期限を過ぎているものを使えば
厳しく罰せられる

 

そんな時代であるにも関わらず、
子供に賞味期限切れの炭酸飲料が配られるとは・・・
しかも大人ではなく子供に配られたことに納得がいかない

 

大人には参加賞としてお茶が配られた
それならば、子供もお茶でいい
安全面から考えるとそれが妥当だ

 

仮に各家庭に一本のお茶を配る予定だったのならば
それで十分だ
子供に敢えて賞味期限切れの飲料水を配る必要はない

 

清掃活動をがんばった子供たちに
子供たちの喜ぶジュースを配ってあげようという優しい計らいだったのかもしれないが、
何とも微妙な参加賞し、
配らない方が妥当だったのではないか・・・とも思う

 

こんなのありえないと思う一方で
炭酸飲料をもらって喜んで帰ってきた顔をみると
何とも言い難い
しかも、賞味期限が4日前というのも中途半端で実際困ってしまった

 

賞味期限がが1ヵ月以上過ぎていたものなら、
激怒し絶対にもらわないのだが、
配布したのは地域のおじいさんたちだし
まぁ仕方ないかな・・と思う自分もいる

 

賞味期限切れの飲料水を飲んでも子供に被害がなかったからいいものだが、
何か起きてしまった場合、この責任は誰にあるのだろう・・・

 

賞味期限切れの飲料水を配った清掃活動運営の役員に責任があるのか
それともその事実知りながらも子供たちが飲むのを止めなかった親に責任があるのだろうか

ふと疑問に思った私でした

それにしても、賞味期限切れの飲み物を配るなんてありえない
そんなものを子供に配ること自体間違っているぞ








-ゴロコのつぶやき

© 2020 にこタイムズ