3人の子育てママが、子育て経験や今まで経験したことや感じたことを紹介しています。

【営業が辛い方必見!!】営業の仕事が楽しいと思える5つの瞬間と営業を楽しむコツ

営業の仕事が楽しいと思える5つの瞬間

Last Updated on

突然ですが、あなたは営業の仕事が楽しいですか?

営業の仕事が辛いと思っていませんか?

営業の仕事は、大きなノルマが課されるため、プレッシャーに押しつぶされそうになることも少なくありません。

そのため、営業の仕事を楽しむことができず、辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。

では、営業の仕事を楽しむには、どうしたらよいのでしょうか。

そこで、ここでは、私の経験をもとに、営業の仕事が楽しいと思える瞬間と営業を楽しむコツを紹介していきます。

営業活動に悩んでいるのであれば、ぜひ日々に活動に取り入れてみてください。

営業の仕事が楽しくなるかもしれませんよ!!

 

営業の仕事は辛くてしんどい!!

営業の仕事は辛いですよね。

大きなノルマが課されてしんどいですよね。

私は、以前、メガバンクで営業を担当していました。

営業というと、男性をイメージする方は多いかもしれませんが、私が勤めていた会社では、女性でもバリバリ外回りをしています。

女性だからといって、ノルマが少なくなるわけではありません。

男性と同じように、もしくはそれ以上に大きなノルマが課されます。

ゴールの見えないような大きなノルマが課され、日々仕事をするのはけっこうしんどいですね。

営業活動をどんなにがんばっても成果がでないときは、精神的に辛いですね。

営業の仕事は、決して楽なものではなりません。

「辛い」「しんどい」と思ってしまうのは、当然です。

 

営業の仕事をネガティブに捉えすぎていませんか?

営業の仕事に対して、良いイメージを抱いていない方は多いですよね。

例えば、「ノルマが大きい」「プレッシャーが半端ない」「仕事がきつい」「なかなか成果が出ない」「仕事ができないと上司から責められる」など、マイナスのイメージを持っていませんか?

確かに、営業の仕事は大変です。

私自身、ノルマをみて、ムリ・・・と思ってしまったこともあります。

でも、営業の仕事は、決して辛くて苦しいだけの仕事でありません。

日々、営業の仕事をしてうまくいかないと、どうしても仕事が嫌になったり辞めたくなったりしてネガティブに捉えがちになりますが、そのような時こそ、仕事でうれしかったこと思い出してみましょう。

 

営業の仕事が楽しいと思える瞬間

営業の仕事をやっていてよかったな、と思ったことはありませんか?

仕事でうれしかった経験はありませんか?

ここでは、どんな時に営業の仕事が楽しいと感じられるか考えてみましょう。

 

成約(契約)できたとき

営業は、お客さまに成約(契約)いただいて初めて実績を積み上げることができます。

そのために、一生懸命営業活動している方も多いはず。

自分の努力が成約に結び付いた瞬間は、やっぱりうれしいですよね。

思わずガッツポーズしたくなる瞬間なのではないでしょうか。

 

アプローチしていたお客さまに会えたとき

営業の仕事で成果をあげるためには、セールスしなければなりません。

そのために、来店誘致したり外訪活動をしたりしている方も多いですよね。

今までどんなにアプローチしてもなかなか会うことができなかったお客さまに会えたときは、とてもうれしいですよね。

 

セールス(商品提案)できたとき

例えお客さまと会えたとしても、商品提案できないことはたくさんあります。

私は、来店誘致や外訪をしていましたが、担当の挨拶で終わってしまうことばかりでした。

お客さまに提案したくていろいろなパンフレットを用意していたのに、使わなかったこともあります。

だからこそ、お客さまが自分の提案に耳を傾けてくれたときは、うれしかったです。

お客さまにセールスでできたときは、楽しくないですか?

 

目標が達成できたとき

営業の仕事をする中で、与えられた目標を達成することはとても大変なことですよね。

そのために、日々がんばっている方が多いかと思います。

成果が出なくて、辛いときだってあります。

でも、コツコツと実績を積み上げ、目標が達成できた瞬間は、ものすごくうれしいはずです。

がんばってよかった!と思える瞬間なのではないでしょうか。

 

上司や同僚から褒められたとき(認められたとき)

営業の仕事で一生懸命努力することは、決して無駄なことではありません。

がんばっている姿を見てくれている上司や同僚がいるはずです。

がんばっていることや自ら取り組んだことを褒められたときは、うれしいですよね。

営業の仕事にやりがいを感じる瞬間ですね。

 

 

営業活動を楽しむコツ

営業の仕事は、決して楽ではありません。

辛くてしんどいと思うこともたくさんあります。

だからこそ、楽しいと思えるようゲーム感覚で仕事をしてみてはいかがでしょうか。

 

出会いにわくわくしよう

営業の仕事は、お客さまがいて成り立つ仕事です。

でも、なかなかお客さまに会えずに苦戦している方も多いですよね。

だからこそ、新たな出会いにわくわくしながら営業活動をしてみてはいかがでしょうか。

今日はどんなお客さまと会えるのだろう、と楽しみにしながら仕事をしてみましょう。

 

お客さまとの会話を楽しもう

お客さまと会話するときは、セールスすることばかり考えるのではなく、お客さまとの会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お客さまのことを聞いたり自分のことを話したりすることで、お客さまとうまく関係を築けることも多いです。

営業の仕事は、成約することだけが大切なわけではありません。

お客さまのことを知り、その上で商品提案することが必要です。

また、その場で必ずしも成約しなければいけないわけではありません。

時間をかけてゆっくり提案していくのもよいのではないでしょうか。

 

達成できた自分を想像してみよう

営業の仕事は、ノルマが大きいですよね。

正直、やる気が失せるような数値が課されることもあります。

でも、目標が達成できたときは、ガッツポーズしたくなるほどうれしいはずです。

だからこそ、そんな自分を想像しながら仕事をしてみてはいかがでしょうか。

コツコツと実績を積み上げることで、ゴールに少しずつ近づいていきます。

すぐに目標が達成できる人なんてほとんどいません。

ゴール目指してコツコツがんばることが大切です。

 

 

誰もができる仕事ではない

営業の仕事は、誰もができる仕事ではありません。

営業の仕事に魅了を感じ、やってみたいと思った方もいるでしょう。

上司から営業に向いていると判断され、営業を始めた方もいるでしょう。

何かきっかけがあって、営業の仕事をしているはずです。

営業の仕事では、知識やコミュニケーション力が必要不可欠です。

そのため、がんばって知識習得したりコミュニケーション方法を学んだりしたはずです。

努力しているからこそ、できる仕事なのです。

そして、選ばれたからこそ営業の仕事ができるということを忘れてはいけません。

だから、自信をもって仕事をしましょう。

 

営業の仕事を楽しもう!!

営業の仕事は、大変ですよね。

努力しても成果につながらないこともたくさんあります。

「辛い」「しんどい」「辞めたい」などと思ってしまうこともあるかとは思いますが、そのような時こそ、前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

営業の仕事をしていなければ味わうことのできない喜びや楽しさはたくさんあります。

それは、営業の仕事をしていなければ知ることのできないことです。

新たな出会いもたくさんあります。私は、名前しか知らなかったお客さまに会えたときはとてもうれしかったです。

努力したことが成果につながることもたくさんあります。

決して楽な仕事ではないけれど、やりがいのある仕事だと思います。

営業の仕事は、楽しみながらするのがおすすめです。

関連記事

WEBライティング実務士資格を保有しています

WEBライティング実務士

ブログランキング参加中です!!
よろしければ応援お願いします!!

子育て情報ランキング