子どもたちのあれこれ

子供のしつけは今がチャンス!!悪知恵が働く子供の対処法 



我が家の娘、
ここ最近、悪知恵がよく働く

 

若干5歳にして、
はぐらかすことを覚えた娘
指摘されると言い逃れするようになった

 

「間違えちゃった」
「知らなった」
そう言えば怒られなくてすむと思っているようだ

 

正直、子供の悪知恵には驚かされる
いつの間に、こんなことをしでかしたんだ!!感心してしまうほどだ

 

今こそ子供をしつけるチャンスだ

 

やってはいけないことを絶対にやってはいけない
言い訳すれば逃れられると思ってはいけない
人としての分別をしっかりとわからせるチャンスだ

 

今日の悪知恵は、
保育園のカバンにピカピカとランプが光るキーホルダーを勝手につけていたこと

 

保育園には、おもちゃを持って行ってはいけない
みんなが欲しくなってしまうし、
なくなるかもしれないからダメだ、と言い聞かせてある

 

ところが・・・
私の知らないところでちゃっかりカバンに取り付けていた娘
どのタイミングでやったのか全く知らない

 

いつもはカバンを人任せにする娘が、
今朝に限って自分で持っていた

 

後になって、その理由がわかった
私に気づかれることを恐れていたのだ

 

そして、保育園の玄関口で
「ここからは一人で行けるから大丈夫」
早々に階段を駆け上がっていった娘

 

玄関から一人で教室まで向かうことは滅多にない
むしろ、娘が嫌がる

 

いつもなら「一人で行けるようになって成長したな」と感心するところだが、
今日は何だか嫌な予感がした
そのため、娘の後を追って教室へと向かった

 

予感的中!!
教室には、友達にピカピカするライトを自慢している娘の姿が!!

 

いつの間に!!
あれだけ保育園におもちゃは持って行ってはいけないと言っているのに!!

 

私の姿に慌てる娘
あきらかに動揺していた

 

「何で隠れて持ってきたの?」
「ダメって言ってあるよね」

 

「あっ、間違えてつけてきちゃった」

 

「間違えるわけないでしょ」
「持って帰るから貸しなさい」

 

娘からおもちゃを取り上げようとしたところ、
娘が教室で大声で泣き始めた

 

おいおい!!
泣くんじゃない!!
そう思ったけれど、とにかく教室で大声で泣く娘

 

先生も驚き近づいてきたが、
事情を説明し、言い聞かせることにした

 

おそらく、ここで泣けば何とかなると思ったのだろう
先生や友達がいる前で大きな声をあげて泣いた

 

泣けば何とかなるわけでもない
ダメなことはダメなのだから、
きちんと言い聞かせることが必要なことだと思う

 

子供の悪知恵は、子供が知恵をつけてきた証拠だ
成長している証でもある
だからこそ、このタイミングで物事の分別をしっかりと教えるべきだと思う

 

子供だからまだ許される
大人になってからでは、許されないこともたくさんある
だからこそ、このタイミングで子供の悪知恵にしっかりと向き合い、
何がいけなかったのかをいっしょに考えることが大切だと思う

 

娘にとっては、今がしつけのチャンスなんだと思う

 

無料資料請求のチャンス!!↓↓

【こどもチャレンジ】

【進研ゼミ小学講座】

【進研ゼミ中学講座】

【進研ゼミ高校講座】



-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ