子育て 赤ちゃん

おむつかぶれの原因と対処法 お尻が赤くなってしまったときの簡単ホームケア

赤ちゃんのお尻が赤くなり、おしっこやうんちをした時に痛がっていませんか?

お尻に赤みやぶつぶつができたり、ただれてしまっている場合は、おむつかぶれの証拠です。

そこで、赤ちゃんがおむつかぶれを起こしてしまう原因と簡単にできる対処法を紹介します。

 

そもそも「おむつかぶれ」とは

おむつかぶれとは、どのような症状なのでしょうか。

おむつかぶれとは、お尻が赤く炎症を起こしてしまったり、ぶつぶつした湿疹ができたり、皮膚がただれてしまう症状です。

症状がひどい場合は、皮膚がめくれてしまうこともあります。

皮膚に痛みやかゆみがあるので、赤ちゃんは泣くことが多いです。

 

おむつかぶれになる4つの原因

赤ちゃんの肌は、とてもデリケートです。

そのため、お尻の肌に負担がかかると、おむつかぶれを引き起こしやすくなります。

おむつかぶれの原因は、赤ちゃんによって異なるのですが、大きくわけると4つです。

 

おしっこやうんちが付着している

おしっこやうんちがきれいに拭ききれず、赤ちゃんのお尻についたままになっていることがあります。

おしっこやうんちが肌を刺激し、皮膚の炎症を引き起こしてしまうことが多いです。

そのため、おむつを替えるときは、拭き残しがないようお尻をきれいにしてあげましょう。

 

長時間おむつを取り替えていない

赤ちゃんのおむつをこまめに取り替えていますか?

特に紙おむつの場合、吸収力が抜群に良いので、長時間つけっぱなしにしていることもあるのではないでしょうか。

おむつが濡れたままの状態が長く続くと、赤ちゃんの肌には大きな負担がかかります。

おしっこやうんちの成分で肌が刺激されてしまうだけでなく、肌がふやけて刺激を受けやすくなります。

また、濡れたおむつの中で菌が繁殖するため、お尻が赤くなったりぼつぼつができてしまったりすることも少なくありません。

そのため、おしっこやうんちをした時や汗をかいているときは、おむつをこまめに替えるようにしましょう。

お尻がさらっとした状態を保つことが大切です。

 

お尻をゴシゴシと拭きすぎている

赤ちゃんのお尻をきれいにするために、おしりふきやコットンなどでゴシゴシと擦りすぎていませんか?

何とも何ともお尻を拭くことで、赤ちゃんのお尻が傷ついてしまいます。

傷口から菌が入りこんでしまい、炎症を起こしてしまうことも少なくありません。

赤ちゃんのお尻を拭くときは、ゴシゴシと擦らず、やさしく拭き取ってあげるよう心がけるとよいでしょう。

 

市販のおしりふきやおむつが肌に合わない

使用しているおしりふきの成分やおむつの素材が赤ちゃんの肌に合っていない可能性があります。

おしりふきの中には、アルコール成分などが含まれているものがあり、肌に刺激を与えてしまうことも少なくありません。

また、肌の弱い赤ちゃんの場合、おむつの素材が肌に合わないこともあります。

赤ちゃんの肌に合っていないと感じた場合は、使用を中止し、他のものを試してみるとよいでしょう。

 

おむつかぶれを防ぐ簡単ホームケア

赤ちゃんの肌はデリケートなので、おむつかぶれになりやすいです。

そこで、おむつかぶれを防ぐために自宅で簡単にできるホームケアを紹介します。

 

お尻を洗い流してあげる

おむつかぶれを防ぐためには、赤ちゃんのおしりを清潔にしてあげることが大切です。

おしりふきやコットンを使っても、うんちやおしっこが拭き切れていないケースも少なくありません。

そこで、おむつ替えをするときに、お尻をお湯で洗い流してあげるとよいでしょう。

シャワーで洗い流すのが簡単ですが、赤ちゃんが生後間もないときはベッドでおむつ替えをすることが多いですよね。

赤ちゃんのお尻を洗い流す方法でおすすめなのが、ペットボトルを使ってお尻を洗う方法です。

私は小さめのペットボトルにぬるめのお湯を入れ、赤ちゃんのお尻を洗っていました。

使用済みのおむつを敷いたまま、赤ちゃんのお尻にゆっくりと少量ずつお湯を垂らします。

おむつが水分を吸収してくれるので、お湯がベッドや床に漏れることはありません。

最後は、お尻ふに残っている水分をティッシュでポンポンと拭き取ります。

濡れた状態でおむつを履かせてしまうと、おむつかぶれを引き起こしやすくなるのでしっかりと乾かすようにしましょう。

 

おしりふきではなくコットンを使用する

おしりふきには、さまざまな成分が含まれているので、赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまうことがあります。

うちの子供たちは、肌が弱かったので、市販のおしりふきを使うとすぐにお尻が赤くなってしまいました。

そこで、おしりふきではなく、コットンを使うようにしました。

使い方は簡単で、コットンにお湯や水を含ませ使用するだけです。

夏は暑いので冷たい水でも大丈夫ですが、冬はぬるめのお湯をコットンに含ませるほうがよいかと思います。

コットンに水やお湯を含ませおしりふきにすれば、余分な成分が入っていないので、赤ちゃんの肌に負担をかけないので安心です。

うちの子供は、コットンでお尻を拭くようにしたところ、おむつかぶれになりにくくなりました。

赤ちゃんがうんちをしたことに気づかなかった場合、うんちが乾燥しお尻にこびりついてしまっていることもありますよね。

その場合は、コットンに多めの水やお湯を含ませて、ゆっくり拭き取ってみましょう。

こびりついたうんちをゴシゴシ擦ることなく簡単に拭き取ることができます。

赤ちゃんの肌に負担をかけず、きれいに拭き取ることができるのでおすすめです。

 

おむつをこまめに取り替える

赤ちゃんがおしっこやうんちをした時は、なるべく早くおむつを替えましょう。

また、汗をかいておむつが湿っているときも同様です。

こまめにおむつを交換し、おしりがさらっとした状態を保つことで、おむつかぶれを防ことができます。

おしっこやうんちをしていなくても、定期的にお尻が湿っていないかチェックしてあげるとよいかもしれませんね。

 

赤ちゃんのお尻を清潔にしてあげよう

おしりかぶれは、赤ちゃんの肌に負担がかかることで生じます。

おしっこやうんちをするたびに、赤ちゃんが痛くて泣くのはかわいそうですよね。

赤ちゃんのお尻を清潔に保てるよう、工夫してみるとよいでしょう。

ただし、おむつかぶれがひどい場合は、病院を受診することをおすすめします。

病院で処方してもらった薬を塗り、赤ちゃんのお尻のケア方法を見直すことで、症状が改善されるでしょう。

無料電話説明会実施中↓

-子育て, 赤ちゃん
-, , , ,

© 2020 にこタイムズ