我が家での事件

家電製品を購入する際の鉄則 素人が家電を安心して安く買う方法②





家電製品を購入する際の鉄則 素人が家電を安心して安く買う方法① の続き

 

正直なところ
家電量販店の販売担当者には会う合わないがある

話し方や雰囲気、製品に対しての知識不足だったり・・・
この人にきかなければよかった
この人からは買いたくない
消費者として、そう感じてしまうこともある

 

家電製品は決して安いわけではない
だからこそ、買う時は気持ちよく買いたいと思うのが消費者としての心理だ

 

旦那のゴロオは家電好きだ
暇でやることのないときは、
家電量販店をうろついていることも多い

家電についてわからないことがあれば、
販売担当者ではなく、自分であれこれ調べる旦那

友人から販売担当者Ⅿさんを紹介された時も
全く関心を示さずむしろ迷惑だと言っていた
そんな家電好きの旦那が販売担当者Ⅿさんの接客態度や知識量に惚れ込んでしまった

 

家電で困ったときはⅯさんのところへ行こう
それが我が家での鉄則となった

 

もちろん、価格も毎回それなりにがんばってくれた
我が家では「Ⅿさん価格」と称して
例え他店のほうが安くかったとしても
販売担当者Ⅿさんから提示された価格で製品を購入していた

 

当然、Ⅿさんから提示された金額明細を他店へ持っていき、
値段交渉することも可能だったわけであるが、
そんな気は全く起こらなかった

 

家電は大手量販店の担当者Ⅿさんから買う
Ⅿさんから買いたい
そう思わせてくれるほどⅯさんは信頼できる担当者だった

 

素人が家電量販店で家電を買う際の鉄則は、
自分に合った担当者をみつけることだと思う
そして、特定の担当者から家電製品を購入するのが我が家の鉄則でもある

 

あれこれ値踏みをし、
一番安いお店で家電を買うのもいいことではあるが、
やはり面倒だ
そして、時間もかかる

 

担当者がいることで
家電のことで困った際に頼る相手が明確になるし、
事情も伝わりやすい

 

特定の販売担当者に絞ることで
家電を購入する際に何かと優遇してもらえることもある

 

販売担当者Ⅿさんを紹介してもらう前は、
とにかく家電量販店をあれこれ転々とし
毎回違う担当者に説明を繰り返し値段交渉していた

正直、面倒だったな・・・
無駄な時間を使っていたな・・・と思う

家電に詳しくない素人だからこそ、
信頼できる特定の販売担当者をみつけるべきだと思う

 

家電量販店に足を運ぶたびにその担当者を訪ねる
そのうち顔をしっかりと覚えてくれ
言わなくても優遇してくれるようになる
消費者としてはありがたいことだ

 

素人だからこそ、家電を安心して安く買いたい
だからこそ、特定の販売担当者をみつける
担当者に自分の顧客だと認識してもらう
それが家電製品をスムーズに購入するベストな方法だと私は思う

 

家電量販店に特定の頼れる販売担当者がいてくれると
家電に困った際には本当に心強い
私が家電に詳しくない素人だからこそ、そう強く思う
ぜひ、特定の販売担当者をみつけることをおススメする








-我が家での事件

© 2020 にこタイムズ