我が家での事件

家電製品を購入する際の鉄則 素人が家電を安心して安く買う方法①





電子レンジが突然壊れた!!
我が家で7年ほど大活躍してくれていた電子レンジ
とうとう寿命が来たようだ

メーカー保証はとっくの昔に期限切れ
メーカーに問い合わせしたところ、
修理費だけで2万~3万円

それならば、新しい電子レンジを買った方がいい
新しい電子レンジを買おう!!

ということで、
急遽、新しく電子レンジを購入することになった我が家

 

通常、我が家で家電を購入する際は、
あらかじめネットであれこれ検索
情報収集してから実物を家電量販店に見に行く

 

ところが、今回は緊急事態だ
我が家の食事の重要任務を担う電子レンジが故障
すぐに新しい電子レンジが欲しい!!

ということで、あれこれ検索する間もなく
近くの大手家電量販店へと出向いた

 

一般的に、家電を買う際の鉄則とは・・・
値段交渉すること

 

同じ製品でも家電量販店によって値段も差がある
最近では、最安値宣言をしている店もあり、
他の店での価格を提示するとその価格まで下げる

1円でも安く製品を購入したいと思えば、
家電量販店巡りし最安値で購入するのも一つの手だ

 

ただ、家電が壊れた際のアフターケアの充実は欠かせない
もちろん、メーカー保証があるわけだが、
我が家の場合、家電を頻繁に買い替えるわけではないので
万が一に備えて家電には5年・10年の長期保証が欲しい

 

そうなると、大手家電量販店であれば、
保証内容は多少異なるが、
購入の際に長期保証がついているので
我が家では白物家電については、面倒のない大手家電量販店で購入している

 

そんな我が家であるが、
ここ10年ほどは家電を購入する家電量販店が決まっている
それまでは、家電量販店巡りをし価格の安い店で購入していたわけだが、
そういった比較も一切しなくなった

 

大手家電量販店〇〇店
そこが我が家が家電を購入する店だ
そして、そこには我が家の販売担当者がいる
そしてその担当者から購入する

 

そもそも始まりは、
家電好きの友達からの紹介だった
新築で家電を揃える際は販売担当者のⅯさんを訪ねるといい
家電に詳しいし、値段もそれなりにがんばってくれる

 

友人のごり押しを断り切れず、
仕方なくある販売担当者Ⅿさんを訪ねた
それが大手家電量販店の販売担当者Ⅿさんとの運命的な出会いだった

 

とにかく彼は家電に詳しかった
家電量販店に勤めているのだから、
家電に詳しくて当たり前だと思われるかもしれないが、
とにかく様々な家電に詳しかった

知識不足であれば素直にそれを認め、
詳しい担当者に詳細を聞きに行った

とにかく接客が丁寧だった
ごり押しすることも一切ない
選択に迷う製品については担当者としての意見をしっかりと言ってくれた

「Ⅿさん(販売担当者)のおススメのほうを買おう!!」
迷った際の決め手は販売担当者Ⅿさんの意見だった

正直なところ・・・

②へ続く








-我が家での事件

© 2020 にこタイムズ