セールス活動 営業スキル

銀行は運用の初心者が多い 自分の身を守るためにもリスク説明は厳重に

資産を増やす手段として、
株や投信、FX、仮想通貨など
投資分野に足を踏み入れている人は少なくない

 

当然、銀行でもそういった顧客獲得のため
投資商品のラインナップが年々増えている
とはいえ、銀行で取り扱っている商品はまだまだ少ないので
証券会社への仲介を行っている金融機関もある

 

資産運用を提案しているあなたなら気づくはず
銀行で資産運用を検討するお客さまは
運用経験がない、運用初心者が比較的多い

 

そもそも、投資に関心がある人は
銀行でなんて運用しない
投資するならそれなりの機関での運用を検討する
株なら証券会社、よりリスクの高い勝負に出るならFXや仮想通貨など
自分の求める投資先で運用している

 

なぜ、銀行には自ら投資したいと来店されるお客さまが少ないのか・・・

 

その答えは簡単だ
所詮、銀行はお金を預けるところ
お金を貯めておくところ
多くのお客さまがそのために銀行を利用している

 

投資してお金が増える
こんなにうれしことは他にない
投資してお金が増えるなら誰もが運用を検討する
でも、それは夢のような話であり
当然、大切な資産が目減りするというリスクがある

 

投資することに多少興味があるものの
がんばって貯めてきたお金が減るのはイヤ
資産運用をしている人は多いけど、何だか怖い
それなら減る心配のない預金にお金を預けておいたほうがいい
そう考えるお客さまが銀行に多いことは確かだ

 

大切なお金を預金に貯め、守り続けているお客さま
そのお客さまにリスク商品を提案する銀行員
当然、リスクに対しての経験がないお客さまに対して
リスク説明をしっかりと行い、理解を得ることは重大な責任がある

 

どれだけ価格変動商品のリスク説明が義務付けられているとしても
営業担当者の説明の仕方によっては
お客さまが十分理解していないことも少なくない

これでもか、というほどリスクを説明したとしても
自分が思っている以上にお客さまは理解されていないと思ったほうがいい

 

だからこそ、
銀行員が投資商品を販売する場合、
商品のメリットだけを言葉巧みに話していてはいけない
増える可能性のある商品には
当然、減るというリスクがあるということ
むしろ減るかもしれないということを強く強調する必要がある

 

営業をしていると
リスクについてそこまで言わなくても
お客さまは理解されているだろう、と
過信してしまうこともある

それが、トラブルをひき起こす原因となる
減るなんてきいていない、
こんなことになるなんて思っていなかった・・・
こういったトラブルが起こっていることも確かだ

だからこそ、
あなたが資産運用を提案するのなら
リスクについてしっかりと説明し
お客さまの理解を厳重に確認する必要がある
そのことがトラブルを回避しあなたの身を守ることにもつながるはずだ

 

!!! ↓↓↓

クリスマスプレゼントに最適!!             欲しい頃には手に入らないかも               

リッチクリームで髪を洗うという新発想 ≪WEN≫ 60日間返金保証付き

-セールス活動, 営業スキル

© 2020 にこタイムズ