3人の子育てママが、子育て経験や今まで経験したことや感じたことを紹介しています。

ママ友関係に疲れる理由 苦手なママ友と気楽につきあう方法

ママ友関係に疲れる 苦手なママ友と気楽につきあう方法

Last Updated on

ママ友関係に疲れ果ててしまっていませんか?

1人になった瞬間にほっとしている方もいるのではないでしょうか。

そこで、ママ友関係に疲れる理由と苦手なママ友との上手な付き合い方を紹介します。



 

ママ友関係に疲れているママは多い

ママ友関係に疲れているママは少なくありません。

では、どうして疲れてしまうのか考えてみましょう。

 

気を遣いすぎている

ママ友に嫌われないよう、相手に対して気を遣いすぎていませんか?

言葉を選んで話したり相手のペースに一生懸命合わせたりしている方もいるでしょう。

ママ友に対して気を使遣いすぎているので疲れてしまうのです。

 

遠慮している

ママ友に遠慮ばかりしている方もいるのではないでしょうか。

ママ友を優先し、控えめな自分を演じているケースもあるでしょう。

自分の気持ちや考えを抑えながら相手と接するため、ママ友といっしょにいて疲れてしまうことも少なくありません。

 

苦手なママ友がいる

ママ友の中には、性格や価値観が合わない人もいるでしょう。

自分と合わない相手に対して、苦手だと感じることも少なくありません。

しかし、円滑なママ友関係を築くために苦手なママでもムリしてつき合おうとしていませんか?

苦手だと思いながら我慢して接しているのでどっと疲れてしまうケースも多いです。

 

 



苦手なママ友と気楽につきあう方法

苦手なママ友とつきあう時ほど「疲れる」と感じている方は多いです。

そこで、どうしたら苦手なママ友と気楽につきあうことができるのか考えていきましょう。

 

がんばりすぎない

苦手なママ友と気楽につきあうためには、がんばりすぎないようにしましょう。

ママ友とよく思われるとうに、嫌われないようにムリしていると、どうしても疲れてしまいます。

ムリせずそのままの自分を出してもいいのではないでしょうか。

自分が相手のペースに合わせなかったことが理由で苦手なママ友と疎遠になった場合は、縁がなかったと割り切って考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

近づきすぎない

苦手なママ友には近づきすぎないようにするのもよいのではないでしょうか。

ママ友にはさまざまな人がいるので、気が合わない人に出会うことも少なくありません。

どの人に対してもいい顔ばかりしていると疲れてしまいませんか?

だからこそ、苦手だと思う相手に対しては、自分から距離を置いてみましょう。

 

自分のことを話し過ぎない

苦手なママ友に自分のことをあれこれ詮索されるのは嫌ですよね。

知られたくないことや深入りされたくないと感じることもあるでしょう。

だからこそ、自分のことを話しすぎないようにしましょう。

当たり障りのない会話程度に抑えておくことも時には必要です。

そうすることで、相手に深入りされることを防ぐことができます。

 

つきあうママ友を選ぶ

よりよいママ友関係を求めるのであれば、自分でママ友選びをすることも大切です。

ママ友関係において、ママ友をたくさんつくることが決してよりよい関係づくりにつながるとは限りません。

たくさんのママ友の中から、自分と合う人を見つけることのほうが大切です。

苦手だと思うのであれは、会った時に雑談する程度の関係でもよいのではないでしょうか。

つきあうママ友を選ぶことで、苦手なママ友とのつながりをできるだけ避けることができます。

 

いちいち干渉しない

寛大な気持ちで苦手なママに接するのもよいのではないでしょうか。

「こういう人もいるんだな」と思うことも大切です。

苦手なママ友を意識すればするほど、相手の嫌な部分が見えてきます。

だからこそ、いちいち干渉せず受け流す寛大な心を持ちましょう。

 



苦手なママ友とは距離を置いてみよう

ママ友関係に疲れてしまうのは、自分の心を開いていないからです。

がんばって相手の会わせていると、どうしても疲れてしまいますし、苦手意識が出てきます。

誰にでも「苦手なママ友」はいるものです。

だからこそ、自分で距離を置いたりつきあうママ友を選ぶことも大切です。

深入りしたり干渉したりしなければ、精神的なストレスを軽減させることができます。

割り切って考えることで、自分を偽ったりムリしてつきあわなくていいので、楽ですよ。

 









関連記事

WEBライティング実務士資格を保有しています

WEBライティング実務士

ブログランキング参加中です!!
よろしければ応援お願いします!!

子育て情報ランキング