子育て 赤ちゃん

赤ちゃんの肌がカサカサする原因と自宅で簡単にできる対処法 

赤ちゃんの肌がカサカサして気になっていませんか?

カサカサした肌が治らず、悩んでいませんか?

そこで、赤ちゃんの肌がカサカサしてしまう原因と自宅で簡単にできるホームケア方法を紹介します。

ちょっとした工夫で赤ちゃんの肌をすべすべに戻すことができるかもしれません。

 

赤ちゃんの肌はデリケートで乾燥しやすい

赤ちゃんの肌はとってもデリケートです。

表面の皮膚が薄く外部からの刺激を受けやすいだけでなく、バリア機能が未熟なので水分が蒸発しやすくなっています。

そのため、すぐに肌がカサカサになってしまいのです。

 

肌がカサカサすると乾燥性湿疹になりやすい

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいので「乾燥性湿疹」になってしまうことも少なくありません。

乾燥性湿疹とは、肌の乾燥が原因で起こります。

顔やお腹、腕、脚などがカサカサして痒みが出たりポツポツとした湿疹が肌に現れたりします。

赤ちゃんが頻繁に肌を触ったり掻いたりしている場合は乾燥性湿疹になっている可能性があるので、早めに気づいてあげるようにしましょう。

特に冬場は空気が乾燥するので、乾燥性湿疹になりやすいです。

 

赤ちゃんの肌を乾燥から守る簡単ホームケア方法

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいでの、日頃から乾燥しないようしっかりとケアすることが大切です。

そこで、自宅で簡単にできるケア方法を紹介します。

 

しっかりと保湿する

赤ちゃんの肌がカサカサしていると感じたときは、保湿をしっかりとするようにしましょう。

しっかりと保湿することで、失われてしまった水分を補うことができるだけでなく、水分が蒸発しないよう肌をガードすることができます。

保湿剤を使ってこまめに保湿することで、カサカサしていた部分が改善されるケースも多いです。

特に、お風呂上りの時は肌が最も乾燥しやすいので、なるべく早く保湿するのがおすすめです。

おむつを替える時や朝起きた時、寝る前などに塗るのもよいでしょう。

うちの子供たちは、カサカサになりやすかったので、毎日保湿剤を塗るようにしていました。

毎日塗ることで、乾燥による肌トラブルが少なくなりました。

保湿剤は、ローションタイプやクリームタイプ、オイルタイプなどがあります。

水分量があり、保湿性の高いものを選ぶといいですよ。

 

 

低刺激の石鹸を使用する

赤ちゃんの肌が刺激を受けやすいので、低刺激の石鹸を使用することで肌が改善されることもあります。

赤ちゃんの用の石鹸は、種類が豊富なので迷ってしまいますが、購入前に成分をチェックしてみましょう。

無添加のものにするなど、赤ちゃんの肌への刺激が少ないものを選びことが大切です。

また、肌の負担を軽減させるために、泡立ちのよい石鹸を使うほうがおすすめです。

 

お湯洗いする

カサカサがひどい場合は、石鹸を使わずお湯だけで身体を洗うようにしてみましょう。

石鹸を使用すると、身体の油分が失われてしまい乾燥しやすくなってしまうこともあります。

そのため、石鹸を使わず、お湯だけで身体の汚れを洗い流してあげるのもおすすめです。

うちの子供もカサカサがひどいときは、お湯洗いにしていました。

ただ、お湯洗いだけでは汚れが取りきれないので、様子を見ながら石鹸を使用するとよいでしょう。

例えば、毎日お湯洗いするのではなく1日置きで石鹸を使用したり、カサカサした部分だけをお湯洗いにして、他の部分は石鹸で洗ってあげたりするのもよいかと思います。

デリケートゾーンは清潔に保つ必要があるので、その部分だけは石鹸を使うようにするのもおすすめです。

 

ゴシゴシ擦らない

お風呂で赤ちゃんの肌をゴシゴシと擦ってしまうと肌が傷つき乾燥しやすくなります。

そのため、ゴシゴシ洗いはしないように心がけましょう。

例えば、ガーゼや素手で優しく洗ってあげることで、肌の乾燥を防ぐことができます。

赤ちゃんの身体を洗うときは、肌を優しく包み込むように洗ってあげるのがおすすめです。

 

乾燥から赤ちゃんの肌を守ろう

赤ちゃんの肌がカサカサする場合は、自宅でのケア方法を見直すことで改善されるケースも多いです。

肌への負担を減らし、しっかりと保湿することで、カサカサがなくなるかもしれません。

赤ちゃんの肌がカサカサしている場合は、ケア方法を見直してみましょう。

ただ、カサカサがひどい場合は症状が悪化してしまう可能性があるので病院を受診することをおすすめします。

受診すると、保湿剤や塗り薬を処方してもらえるので安心です。

 

-子育て, 赤ちゃん
-, , ,

© 2020 にこタイムズ