子育て 赤ちゃん

哺乳瓶は本当に必要なの?何本いるの?哺乳瓶選び?のポイントをご紹介

出産前に用意しておくとよいものの1つに哺乳瓶があります。でも・・・哺乳瓶って本当に必要なのでしょうか。

哺乳瓶は種類が豊富

哺乳瓶は種類やデザインが豊富です。

ピジョンやビーンスターク、コンビなど、とにかくいろいろなメーカーから販売されており、ガラス製のものもあればプラスチック製のものもあります。

正直、どれにしたらいいのか迷いますよね。

私もどのメーカーの哺乳瓶がいいのか迷ってしまい、結局異なるメーカーのものを3本買いました。

哺乳瓶選びのポイント

哺乳瓶を買うときにそれぞれ商品のメリットが記されいるのですが、どれも魅力的ですよね。

だからこそ迷ってしまうのですが・・・結局のところ使えればどれでも大丈夫です。

もし、私がこれから哺乳瓶を買うとしたら選ぶポイントは3つです。

・軽いもの(プラスチック製)
・メモリの表示がわかりやすいもの
・デザインがかわいいもの

私は、軽いプラスチック製のタイプのほうが使いやすかったです。持ち運びしやすいし、落としても割れにくいのでおすすめです。

ほとんどの哺乳瓶にはメモリがついています。ぱっとみた時に自分がわかりやすいと感じたものを選ぶといいですよ。

育児はとても大変です。そんなときに、哺乳瓶のデザインがかわいいとそれをみて癒されることがあります。かわいい色や模様つきのものを選ぶとよいかもしれませんよ。

私は神経質かと思うほど哺乳瓶選びに迷い時間を費やしたのですが、そこまでしなくてもよかったな、思っています。

ぱっとみて気に入ったものを選べばいいですよ!!

哺乳瓶は本当に必要なの?

そもそも哺乳瓶は必要なのでしょうか。

育児雑誌などを読むと、必須アイテムとして紹介されていますが、絶対に用意しなければならないものでもないな・・・と思っています。

ちなみに、私には3人の子供がいますが、2人目と3人目のときは哺乳瓶を使っていません。

1人目のときも、最初の頃だけ使って、その後はほとんど使っていません。

なぜかと言うと、母乳育児ができたからです。ありがたいことに母乳がよく出たので、粉ミルクを使わなくてよかったんです。

母乳が出る場合、哺乳瓶を使わないことケースが多いです。

では、どうして1人目の時は哺乳瓶を使ったの?と疑問に思われる方がいるかと思いますが、使用したのは粉ミルクや白湯を飲ませたとき、シロップを飲ませるときに使いました。

1人目の子育ては慣れていないせいもあってとにかく大変で、寝不足が続きました。

母乳よりも粉ミルクのほうが腹持ちがいいのでよく寝てくれるということをきいたので、試しに夜だけ粉ミルクを飲ませてみたのですが、うちの子には無意味でしたね(笑)

あとは、風呂上りには白湯を飲ませるようにと産院で指導されたので、哺乳瓶を使って白湯を飲ませていたのですが、途中から母乳でいいのでは?と思い、やめました。

それから、赤ちゃんが生まれると乳児ビタミンK欠乏性出血症を防ぐためにK2シロップというのを飲ませる必要があります。最初の頃は、哺乳瓶を使って飲ませていたのですが、量がとても少ないので、最終的には哺乳瓶の乳首の部分だけを使って飲ませていました。

そんなこんなで、最初の頃だけ哺乳瓶を使い、だんだん使わなくなってしまったわけです。

哺乳瓶は何本用意しておいたらいい?

そうは言っても、赤ちゃんが生まれるまで母乳が出るかどうかわかりませんよね。

体調不良で寝込んでしまうことだってあります。用事で出かけなければならない時もあります。

そのため、安心のためにとりあえず1本用意しておいたらいかがでしょうか。

使ってみて足りない場合は、その時に買い足していったほうが賢明だと思います。

粉ミルクを使う場合でもとりあえず1本あれば大丈夫です。

ミルクをあげる時間は3~4時間程度あけるのが理想です。

使用した哺乳瓶は、煮沸したりミルトンなどの消毒液に1時間程度つければまた使えます。

ただ、その作業が面倒だったり長時間出かけたりする場合は、2本用意しておくのもよいですね。

 

哺乳瓶は出産後に買い足すのがおすすめ

出産前に哺乳瓶を何本も買っておく必要はありません。

せっかく買っても使わないのではもったいないですよね。

母乳が出るかどうか見極めてから買ったり、1本では足りないと思ったときに買い足したりするイメージで十分ですよ。

どれにしようか迷ったときは、人気ランキングを参考にするのもおすすめです。

赤ちゃんをウイルスから守ろう↓

これからの季節におすすめの!お得なお試しセットです↓

赤ちゃんにたっぷり栄養を↓

-子育て, 赤ちゃん
-, , , ,

© 2020 にこタイムズ