子育て 赤ちゃん

ベビーベッドは必要なの?布団を敷くだけではダメなのかな?

産まれてくる赤ちゃんのために、ベビーベットの購入を検討されている方もいるのではないでしょうか。でも、ベビーベッドは本当に必要なのでしょうか。

ベビーベッドを使うメリット

赤ちゃんのためにベビーベッドを用意するメリットはいくつかあります。

私自身、子供が産まれた時にはベビーベッドを使用しており、一応用意しておいたほうがよいと思います。

その理由は、子供を安心して寝かせることができるから。

床に敷いた布団の上に赤ちゃんを寝かしておくと、転んだ時に踏んでしまうかもしれません・・・

布団でいっしょに寝た場合は、気づかないうちに赤ちゃんに覆いかぶさってしまうことも十分に考えらえます。

そして、足元にはホコリが溜まりやすく、ハウスダストも気になるところです。

そう考えると、ベビーベットに赤ちゃんを寝かせておいたほうが安心ですよね。

兄弟がいる場合は、部屋で暴れることがあるので、ベビーベッドに寝かしたほうがヒヤヒヤせずにすみますよ。

ベビーベッドを使うデメリット

ベビーベッドのデメリットは、設置するスペースを確保しなければならないということではないでしょうか。

部屋が狭い場合、ベビーベットを置いたことで、窮屈になってしまいます。

そして、単なる物置化してしまうということが挙げられます。

子育てに慣れてくると、ベビーベッドを使用するのが面倒だと感じるようになります。

添い乳する場合は、いっしょに布団で寝たほうが楽です。

家事をするときなどは、赤ちゃんの様子が心配なので、自分の目が届くところに座布団を置き、その上に寝かせていました。

そしてベビーベッドを使用する回数が少なくなり、私はオムツを置いたり着替えを置いたり・・・ベビーベッドとして使用するのではなく、物を置く場所として使用しておりました・・・

ベビーベッドの使用期間は短いので、布団を敷くだけでもよい

ベビーベッドの使用期間は短いです。

私の場合は、3ケ月使えばいいほうでした。

我が家の子供たちは、3人とも首がしっかりしており、生後3ヵ月ごろにはコロコロと寝返りするようになりました。

ベビーベットの隅までコロコロと転がっていき、それ以上進めなくなるとギャーギャー泣いたため、床で自由に転がしていました。

また、次第にベビーベッドに寝かされることを嫌がるようになったので、長く使うことができませんでした。

そう考えると、わざわざ購入するのではなく床に布団を敷いて寝かせたり、もし必要ならレンタルでもいいのかな、と思ったりします。

結局、使用しなくなったときに保管場所に困るんですよね・・・(我が家のベビーベッドは最終的に粗大ごみで処分しました)

そのため、ベビーベッドを購入する場合は、置く場所や保管場所を考えてから買ったほうがいいですよ。なくても子育てできますよ。

買うのがもったいないと思うのなら、兄弟や友達から譲ってもらうのもおすすめです。もらってもらえると助かる!と思っている人が周りにいるかもしれません。

お得なお試しセット販売中!ぜひお試しください!!

赤ちゃんのウイルス対策におすすめです↓

-子育て, 赤ちゃん
-, , , ,

© 2020 にこタイムズ