ゴロコのつぶやき 家族のこと

96歳の祖母③ ケアマネの前で介護サービスは必要ないと主張し家族を困らせる元気な祖母

入院中に若い看護婦さんに声をかけては
孫の嫁さがしをしていた96歳の祖母
とんでもないことをしでかす婆さんに父たちは頭を悩ます

 

そんな婆さん、孫の嫁探しをして怒られてもへのカッパ
父たちが怒っていることを知りながらも
何のことを言われているかわからないといった表情をしてとぼけている
まったく困った婆さんだ

 

忠告をものともせず、孫の嫁さがしを続ける祖母・・・
婆さんイチオシの看護さんが病室にくると
急にニコニコする
「この人は優しくて器量がいい、嫁にきてほしいくらいだ」
そう小声で私につぶやく祖母・・・

 

おいおい、おばあちゃん、小声で言ってもみんなに丸聞こえですよ・・・
病室内にいた家族全員が
「すみません・・・」と看護婦さんに謝る
婆さんの暴走は止まることはなかった・・・

 

そんな婆さん、一度は回復は厳しいと診断されたものの
そんな診断をものともせず
驚異の回復をみせた

 

外に出ても暑くて高齢者には過酷なので
できるだけ長く入院させたいと思っていた父たち
一方、一刻も早く退院して元の生活に戻りたいと奮起する祖母

毎日元気だとアピールした祖母、見事一週間だけの入院で退院を勝ち取った
短期間で病院を出されたのは
婆さんの「孫の嫁探し」で
看護婦さんが困っていたことも少なからず関係しているのだろう・・・

 

入院中に毎日続けていた独自のリハビリのおかげで
体力もさほど落ちず、
頭も96歳にもかかわらずしっかりしている

またもや死の淵から這い上がってきた祖母
恐るべし96歳だ

 

 

退院後、祖母は趣味の家庭菜園をすぐさま再開
家族が交代で様子を見に行ってはいるものの
相変わらず自分のペースで一人暮らししている

 

一人で暮らしているといっても高齢で脚がだいぶ衰えているため、
週に数回ヘルパーさんに来てもらってはいるものの
祖母にとってそれは不本意なことらしい

ケアマネが訪問する際には、
父たちのサポートがあるからこそ一人で生活しできているのだが
毎回、張り切って何でも自分でできると主張する祖母
介護サービスを利用させたいと思っている父たち
当然、でたらめなことをを言う祖母に怒り、頭を抱える

 

これも祖母が元気の証拠だ!!
96歳にして介護サービスもほとんど利用することなく
一人で暮らしている祖母
まさに超人クラスであり、
祖母が元気に長生きしてくれていることは
ありがたいことだ

 

いくら家族に迷惑をかけても
祖母が元気でいてくれればそれにこしたことはない!!

あと何年いっしょに過ごせるだろう・・・
誰もが先が短いとは思っているが
それでも祖母といっしょに笑ったり怒ったりする日々は
私たちによってかけがえのないものであり、そんな日が長く続くことを願うばかりだ

たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】

FPに無料で相談できます!「ほけんのFP」

初回限定72%オフ!!980円で試せます!!



-ゴロコのつぶやき, 家族のこと

© 2020 にこタイムズ