子どもたちのあれこれ

おっぱい大好き 卒乳できない2歳の息子 卒乳できない原因



おっぱい大好き・・・
おっぱいへの執着が半端ない・・・
そんな我が家のかわいい2歳児

 

2歳になったというのに
未だに卒乳できていない

 

原因は・・・
もちろん、母親である私だ

 

乳幼児期は完全母乳
とにかく母乳をよく飲んだ

どんなに泣いていても
おっぱいを飲み始めると
すぐに泣き止む

もちろん、夜中は添い乳
チビにとっておっぱいは精神安定剤のような役割があるようで
必ず添い乳の際におっぱいを触りながら寝る

 

決して卒乳を考えていないわけではない
これまで幾度となく卒乳目指しチャレンジしてきた

 

当初の予定では1歳の誕生日すぎには卒乳する予定だった
ところが、精神安定剤であるおっぱいを奪われたとたん、
ギャン泣きの息子

大粒の涙を流し、大声で泣き叫ぶ
諦めて力尽きるかと思いきや、
とにかくおっぱいを求めて泣く
終いには声が枯れ、それでも泣き続けた

そんな息子の姿をみて心が苦しくなった
こんなにもおっぱいを欲しているのに、
奪い取るのはあまりにも可哀そうだ

卒乳すると心に誓ったはずが、
母である私の卒乳への意思はポキッと折れた

 

大好きな心のよりどころであるおっぱいが戻ってきたことに
心底安心する息子
泣き声はピタッと止まり
ヒクヒク言いながらおっぱいに飛びついた
そして、幸せそうな顔をして母乳を飲みながらすやすやと寝始めた

 

まだかわいそうだ・・・
今、この子からおっぱいを取り上げるのはかわいそうだ
私の身体にピタッと身を寄せている息子をみてそう思った

 

上の子供2人の時は、
どういうわけか1歳すぎには母乳を切り上げた
すんなり卒乳できたわけではないが、
途中で挫折することなく卒乳への道を突き進んだ

 

ところが・・・
一番下のチビの場合は、卒乳失敗の連続
チビがとにかくおっぱいが大好きで
おっぱいに執着しているということもあるが、
未だに卒乳できずにいるのは私のせいでもある

 

子育ては3人で終わり
こうやって母乳育児をするのはチビで最後だ
だからこそ、チビは余計にかわいい

とにかくおっぱいが大好きで
ニコニコ顔で私に寄り添う2歳の息子が
とにかくかわいくて仕方がない

 

卒乳すると自分からだんたんと離れていく
それは仕方がないことであり、
子供にとってもいいことであるのに
何となくさみしい気がする

 

そんなことを考えているから
すぐに卒乳への意思がポッキっと折れる
今日こそ卒乳だ!と意気込んで決行するも挫折・・・
その繰り返しでここまできてしまった

母親である私が、
かわいさあまり一番下のチビから離れられないことが大きな原因だ
いつまでもそばにくっついていてほしい・・・
一番下のチビへの依存が招いた結果だ

 

今思えば、最初のタイミングで卒乳しなければならなかったのだと思う
あの時、挫折してしまったことで、
卒乳に対する考え方が自分の中でも甘くなってしまったのは事実だ・・・

 

そんな2歳で卒乳できていない息子に懸念されることは・・・

続く









-子どもたちのあれこれ

© 2020 にこタイムズ