頭は悪いがセールスは一流 成功のカギは偶然と直感 ペアを組むことになったきかっけ 

販売箱数30,000箱突破!!

楽天3冠達成!! 飲むだけダイエット

営業という仕事は過酷だ
大きなノルマが課され、目標達成のために全力を尽くす
まさに苦しい孤独な戦いである

 

しかし、あることをきっかけにその考え方がかわった
営業とは、決して一人で背負わなくてもいいんだ
そういう営業の仕方もあるんだ、ということに気づかされた

 

私が営業で成功できたのは、
ある人との出会いがきっかけだ
当然、実績もそこそこ積み上げてはいたが、
その人と出会えたことで、一気に仕事の波が変わった

 

彼女との出会いはまさに偶然であり
その決断は決して間違っていなかった

 

銀行で営業をしていると、
何となく孤独感を感じることがある
課に属しているといっても仲間意識は低い                   まさに個人プレーヤーである

 

実績を上げても共に喜ぶわけでもなく、
その人の実績を妬む
自分以外の人が実績を上げることを悔しいと思う人ばかり
そんな職場にうんざりしていた

 

どんなに困っていても
どんなに忙しくしていても自分には関係ない
手伝ったところで、実績が積みあがるわけではないので
見て見ぬふりをする
何とも冷たい雰囲気に嫌気がさしていた

 

そんな頃だ
ある人との出会いをきかっけに大きな決断をした
自分の直感で仕事でペアを組むことを決めた

 

彼女と出会う前はとにかく毎日が必死だった
幸運にも営業に勢いがついてきていて、
とにかく毎日が慌ただしかった
自分一人ですべての手続きを完了させるのにとにかく必死だった

 

そんな姿を見かねて手を差し伸べてくれたのが彼女だった

 

彼女とは、数週間前に異動してきたスタッフさん
当時の私の年齢から言えば、自分の親よりも年上のおばさんだった       あまりにも慌ただしく必死で仕事をしている私をみて声をかけてくれた

 

彼女は年齢がかなり上ということもあるが
人としての余裕を感じる人で
話していて何だかとても安心できた
張りつめていた毎日に疲れ果ててていた私だったが、            彼女のおかげでふと一息つくことができた

 

「何か手伝えることはない?」                      彼女のこの言葉はまさに救いの声だった

「一人ですべてを抱えこもうとぜず、もっと周りに頼りなよ」        彼女の言葉で自分が救われたことを今でも覚えている

 

営業とは、一人で抱え込んで仕事をするものだと思っていた     自分ひとりでノルマに向かってがんばらないといけないと思っていた     

でも、それは違う                            一人ですべてを抱え込まなくていいんだ                  彼女の言葉で自分の営業に対する考え方がガラリとかわった瞬間だった

 

続く

30,000箱突破の売れ筋商品

楽天3冠達成!! 飲むだけ簡単ダイエット!!

毎日のケアでカバーできる!!↓↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です