頭は悪いがセールスは一流 営業で勝ち抜いていくための一つの戦略

 お得なセット売れてます!!

営業という仕事は、
大きなノルマが課されその目標達成のために必死で戦う
プレッシャーとの孤独な戦いだと思っていた

 

ところが、あることをきっかけに、
その孤独から救われた
共に戦う喜びを得た

 

営業と言う仕事は
決して一人ですべてを背負う必要はない
一人で戦う必要はない
自分の経験からそう思うようになった

 

リテール営業で勝ち抜いていくための一つの戦略として
ペアで組んで仕事をすることは有効的な方法であると思う
タッグを組んで仕事するということである

 

それが吉と出るか凶と出るかは組んでみないとわからないが、
ペアを組み、相手との相性がよければ営業に勢いが出て
成功を勝ち取ることができるはずだ

 

ペアを組んで営業活動するメリットには、
・仕事を共有できる
・協力して仕事を勧められるので効率が上がる
・お互いの弱みをカバーし合える
・共に喜ぶことができる

特に、メンタル面が強くなる
信頼できる相手と仕事をすることで心強くなることは間違いない

 

当然、ペアを組んで仕事をすることでのデメリットもある
・実績を折半する
・相性の営業スタイルが合わない
・相手のスキルレベルによってはフォローする必要がある

ペアを組むことで負担を強く感じる場合は
決してうまくいかない
単独で営業活動をするほうがあなたには合っているだろう

 

では、誰とペアを組むか
行員同士でペアを組むというのはあまり現実的ではない
なぜなら、個々に大きなノルマが張り付いており、
お互いをカバーし合い仕事をするには無理がある

 

一番理想的なペアの組み方は
行員とスタッフ(パートさん)というゴールデンペアだ

 

銀行には、営業の仕事を補佐するスタッフがいる
基本的には役付者と帯同をし、商品説明や事務の補佐などをしていることが多い

営業としての商品知識もあり、
ノルマが多少なりとも課されている場合が多いはずだ

 

そのため、ペアを組んで仕事をするということは
獲得した実績を案分することになる
せっかく獲得した実績をわけることに納得がいかない、と思う行員も多いだろう
でも、ペアを組むことで仕事が効率よく回り始める
仕事に勢いがついてくれば実績も上がる
プラスの効果が見込める

 

ちなみに割合としては、当然話し合いによって決める必要があるが、
参考までに当時の私たちの案分比率は7:3だった
7割が私、3割がスタッフ
仕事量の負担などを考慮し取り決めた割合である

 

ペアを組んで仕事をすることのメリットは大きい
一人で営業をしていた時と比べてメンタルがかなり楽になる
情報を共有している相手がいることで
一人で営業の悩みを抱え込まずに相談することができる
共に戦う相手がいるということは営業の強みになる

 

実績を案分することなんて大したことではない
そんなことをいちいち気にしているよりも、
効率よく一人でも多くのお客さまと面談し、
提案できることのほうが意義がある

 

自分と相性のよいペアと出会うことで
営業に勢い出る
営業という過酷な仕事をする中で、
共に喜びを分かち合える相手がいるというのは自分の心にもゆとりができる
営業での成功を勝ち取るためにペアを組むことは有効的な戦略だと思う

 

一人で行き詰まった営業をしているのなら
ペアを組んで仕事をしてみるのも一つの方法だ
個人で黙々と戦っているよりも違った一面を感じることができる
何事も挑戦することが大切だ

 

楽天リサーチ第1位 男性に売れてます!!

 

 お得なセット、続々と売れてます!!  

 これなら簡単に続けられる!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です