勤めていた銀行で退職願を書いた私 実際に書いて提出した感想

楽天3冠達成のイチオシ簡単ダイエット!!

カラダの中からキレイになろう

韓国で話題沸騰!!売れ切れ続出!!

 

自分がまさか銀行を退職するとは・・・
自分の中で納得したうえで退職という決断をした私であるが、
退職する自分を想像していなかった
むしろ、退職という決断をした自分のびっくりであるが、
退職することに後悔はしていない

 

そんな私、人生で初めての退職願を書き、提出してきた
職場のPCに退職関連のカテゴリがあり、
そこから簡単に退職願が印刷できるのだが、
見るのも初めて、書くのも初めてでかなりドキドキした

 

いつものプリンタから印字されたプリントが出てくる
触り心地はいつもと同じ
普通の印刷用の用紙だ

 

ところが、印刷した文言がいつもと違う
「退職願」
書式の上にこの文字が印刷されているだけで
気持ちが一気に引き締まる

 

持ち慣れたボールペンを手に取るが、
緊張からか手の感覚が思うようにつかめない
力が入らず震えた文字になってしまった

 

この紙キレ一枚で人生が変わる
退職願と記された紙の威力はすさまじい
自分の書く一文字一文字に重みを感じた
何十年と銀行で働き積み重ねてきた思いが
文字を通じてひしひしと自分自身に伝わってきた

 

何とも言えない感覚だ
書いてる間は異空間にでもいるようだ
まわりの物音がシャットアウトされ
心が何だか重たかった

 

今まで銀行で一生懸命働き積み上げた地位も
この紙一つで水の泡となる
銀行員ではく、ただの人になる
本当にそれでいいのだろうか・・・
自分の中での葛藤が続く

 

葛藤しながらも着々と文字を書き続ける
自分の名前、社員ID 役職名
自宅住所 電話番号など
記入する項目がいくつもあったが、
何ともいえない感覚の中で書き続け
自分でもどうやってどの順番で書いたのか覚えていないほどだ

 

退職するということは
人生の一大決心であり
その決断は、自分の想像を超えたかなりの重みがあることを知った
退職願という紙キレ1枚で人生が簡単に変わってしまう
何とも言えない重みがあった

 

極度の緊張感から手の震えが止まらない
それでも何とか退職願を書き終えた私
自分の銀行員人生での思い出が、次々と蘇ってきた
苦しかったこともある
でも、それ以上に楽しかったこともたくさんあった

 

銀行に勤め学んだことはとても貴重な経験であり、
私の人生の中での宝である
「銀行に勤めることができてよかった」
「本当にありがとうございました」
銀行への就職を決めた自分を褒めると同時に
貴重な経験をさせてくれた銀行という職場に感謝の気持ちをこめて
退職願を提出した

 

提出した瞬間、
ふっと気持ちが楽になった私
大きな重圧から何だか解放された気がして
周りの空気が軽くなった
自分の中で完全に踏ん切りがついた瞬間だった

 

さぁ、新たなスタートだ!!
それまでモヤモヤしていた気持ちが一気に吹き飛び、
景色が明るくみえたのは事実だ

 

 

楽天3冠達成のイチオシ簡単ダイエット!!

カラダの中からキレイになろう

韓国で話題沸騰!!売れ切れ続出!!

女性の強い味方!!続々と売れてます!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です