銀行の職場にいる最低な女 自分のミスに気づいても決して謝らない女

銀行の職場には女性が多い
性格のいい人、悪い人
人に優しい人、自分勝手な人
とにかく様々は女性がいる

 

当然、女性行員同士のトラブルはつきもの
ある行員の行動に泣かされることもある

 

長年、銀行に勤めていると
様々は女性に出会う

 

銀行に最低な女は多い
男性行員に媚びを売る女
上司へのゴマすり女
計算高い女はゴロゴロいる

 

特に人間性を疑うような行動をとる女は最低だと思う              仕事でもできれば関わりたくない

 

ある年上の女性の話だ         

とにかく自己中、ガサツ                         いかにも体育会系で実績に関しては負けたくない                    顔から醜いオーラがにじみ出ていた

 

そんな女との面倒なトラブルだ

 

当時、私が勤めていた銀行では                      営業担当者に専用の携帯電話を支給している                充電器も個々に用意されていた

ガラケイの時代                             私が使っていた機種はその年上の最低女と同じものだった

 

そんなある日、                             机の上のコンセントさしたままだった充電器が突然なくなった

 

あれ? 何処へ行ってしまったのだろう・・・               とりあえず、自分の机の周りをさがしてみる                営業カバンの中もチェック  あるはずがない 

 

充電器を机のコンセントから抜いたことは一度もない             常にコンセントにさしたままにしてあったのだから             なくなるはずがないのだ

 

充電器を回収されたのかと思い上司に確認する               ところが、そんなことはしていないという

 

おかしい・・・                             誰が充電器を持ち去ったのだろう・・・

 

そういえば、朝、充電器がないと騒いでいた女がいた            例の年上の女だ                                                                                                        

 

見つからないと騒いでいた充電器はどうしたのだろう            ふと彼女の机に目をやると、 机の上に充電中の携帯が置いてある      そして驚いた!!

 

私の充電器だ                              ある時、油性マジックがついてしまった私の充電器             その充電器を勝手に持ち去り、何食わぬ顔で使っていた 

 

同じ機種を使っているのは彼女と私だけ                  他の営業用携帯の充電器では充電できなかった               そのうち何か言ってくるだろう・・・                   そう思い、何も言わずに仕事をしていた私

 

ところが、一向に充電器を返してくる様子はない              そうはいっても私の携帯も充電が必要だ                  何で自分から返してほしいと言いに行かなければならないのか・・・        そう思うながらも彼女のもとへ充電器をとりにいく

 

すると・・・                              まさかの衝撃の展開が待っていた

 

「充電器、返してもらっていいですか?」                「え?私のだけど」                          「この充電器はそこにさしてあったものではないですか?」        「知らないけど」

 

まさかの発言に衝撃を受けた私                      あまりに驚き、そのまま自分の席へ戻ってしまった・・・

 

びっくりだよね                             人の充電器を奪ったくせに自分のものだと主張する最低女                      どうかしている、信じられない                                                                  

 

これ以上は関わりたくない                        充電器が奪われたことよりも 面倒なことに巻き込まれたくなかった私     自分の充電器を手放すことにした                      

困り果て上司に相談する私                        どうやら私たちのやりとりをきいていたらしく察しがついた様子

 

数時間後、上司は全社対応の充電器を購入しそっと渡してくれた       自分の充電器を失ったかわりに新たなマルチ充電器を手に入れた

 

数日後、驚くことが起きた                        なんと奪われたはずの充電器が無残にも机の上に投げ捨てられていた     どうやら最低女の充電器が出てきたらしい                 用済みとなった私の充電器は必要なくなったようだ                        

 

何も言わずに平気な顔をしている最低女                   最低だと思った

 

自分のしたことを謝れない女は最低だと思う                 同じ職場で仕事をしている限り、誰にでもミスはある                           それなのに、そのミスを認めず平然としている女は最低だ    そんな女とは二度と関わりたくない、そう思ったのでした

 

楽天リサーチ第1位 かなり売れてます↓↓

口コミ好評で売れてます!!

自宅で極上エステ気分!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です