銀行員を長く続けるコツ 著しい変化を受け入れ柔軟に対応 システム編

フルオーダーのスーツはやっぱりステキ!!

飲むだけ簡単ダイエット!!

銀行を取り巻く環境は日々変化している
以前では考えられなかったようなシステムが開発され、
新たな取り組みが次々と導入されている

 

今まで慣れていた操作も一気に変更され、
戸惑う行員も少なくない
繰り返し研修が行われ、知識を詰め込むわけだが、
実際の現場では、想定外のことが起こりパニックになる

 

新しいシステムに慣れてきたと思ったら、
数年後にはまた新たなシステムが導入、
また一からのスタートとなる
その繰り返しだ

 

金融機関によってシステムの違いはあるものの、
最近では、メガバンクだけに限らず、
地銀でも驚くようなシステムが導入されており、
窓口を利用した際に驚かされた

 

昔は必須だった伝票記入も
金融機関によっては端末にサインするだけで完結できてしまう
まさに機械化の世の中である

 

最近ではAIを導入し、
無人化した店舗を保有する銀行もあるくらいだ

 

数十年後、いや数年後には
窓口の無人化が当たり前になるのかもしれない
銀行にも新しい波がやってくる
銀行員も大幅に削減されるに違いない

 

とはいえ、
企業に勤めている以上、
上からの決定には従う必要がある

 

効率化を図る政策が打ち出され、
新たなシステムが導入されれば、
それを受け入れるしかない

 

当然、作業スキルの劣る部分もある
以前のシステムのほうがやりやすかったと感じる部分も多々ある
うまくいかないことが続く
疑問も多く生まれるだろう

 

でも、その気持ちをぐっとこらえ、
新たなことを受け入れ、
柔軟に対応できるよう努力する姿勢こそが、
銀行員としても求められる姿勢であり、
さらには自分のスキル向上へとつながる最良もステップだと私は思う

 

新たなことへの取り組み
それぞれの金融機関がどの金融機関よりも先に手掛け、
世間から注目を浴びようとしている
それが競争社会だ

 

行員は、その金融機関も争いに巻き込まれているともいえる
先へ先へとリードすることが求められる時代
当然、現場で働く行員の負担は大きい

 

負担は大きいが、
そのスピードについていくことも世の中の流れにのる必要なことなのだろう

 

日々の変化に悶々とした気持ちを抱え仕事をしているのなら、
たまにはお客さまとして、他の銀行を訪れてみるといい
まだまだ知らないあっと驚くようなシステムがたくさんある

 

入金方法だけでも、
銀行が違えばやり方も異なる
自分が銀行でシステムを使っているだけあって、
何だか見ているだけでわくわくすることもある

 

銀行で働いている以上、
常に新たな取り組みとの戦いになる
古いやり方にとらわれている暇はない
日々、覚えることだらけであることを痛感する

フルオーダーのスーツはさすが!!

今、売れてます!!

大注目!! 飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です