営業のコツはその場での成約を期待しないこと 焦ったら負けだ

営業活動をしている銀行員なら
誰でもわかるだろう

営業とは簡単な仕事ではない
成約をとってくることは
並大抵なことではない

 

だからこそ、
成約できたときはものすごくうれしい
思わずガッツポーズが出る

 

その喜びを決して忘れてはいけない
その喜びを得るために
あなたはものすごくがんばったはず
努力した過程こそが
営業活動をするうえで最も大切なことだと私は思う

 

営業活動をしていると
どうしても目先の実績にとらわれ
何としても成約しようという気持ちが生まれる
成約できないことに焦る

 

でも、それは大きな間違いだ
そう思っているのなら
営業の仕事はうまくいかないと思った方がいい

 

営業という仕事はお客さま相手の仕事だ
お客さまがあなたの話をきいてくれるからこそ提案ができる

お客さまがあなたのために貴重な時間を作ってくれている
今まで興味を示さなかったあなたの話に耳を傾けてくれている
そのことにまずは感謝すべきだと思う

 

お客さまに提案できることに感謝すること、喜びを感じること
それが営業活動をするうえで大切なことであり
それが成約につながる過程で必要なことである

 

あなたの話をきいてすべてのお客さまが成約してくれるわけではない
そんなことはありえない
提案して断られることは日常茶飯事だ
それが当たり前だ

 

お客さまは大切な資産を銀行に預けている
大切な資産だからこそ
お客さまも真剣に考える

あなたの提案をきいて時間をかけて検討するのは当たり前
その結果、断られたとしても
あなたの提案をきき、お客さまが検討してくれたことに意味がある

 

なぜなら、興味のないお客さまはあなたの話すらきいてくれない
断られたとしても、あなたの提案を真剣にきいてくれたということであり
それだけでもありがたいことだ

 

提案して断れることは決して無駄なことではない
あなたのスキルアップにもつながっている
どうしたらもっとうまく説明できるのだろうか
こうやって話したほうがよかったかも・・・
提案するだびに気づくことがある
そして改善させていくことができる

 

それを繰り返していくうちに
あなたの提案をきき、
契約したいと言ってくれるお客さまが現れてくれるのだ
あなたのがんばりが成約という成果となって現れる

 

断られたらまた次のバッターボックスに立てばいい
立ち続けて自分のスキルをあげていったらいい
断られることは当たり前だと思って
どんどん提案していったらいい

焦らずコツコツ続けていくこと
それが営業のコツであり、                 成約という喜びをもたらすコツだと私は思う









Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です