銀行就職を希望する就活生へセミナー講師経験談 私が欲しいと思った人材3条件  

 

そろそろ来年度の就職活動が本格的に始まる時期だろう
いや、すでにセミナーが開催され、
採用のエントリーが始まっているのかもしれない

とりわけ、金融関係の就活戦争は他業種に比べて早い時期から行われる
とにかくいろいろなセミナーに参加し興味を持つこと
それが希望の企業への内定を勝ち取る就活のスタートだと私は思う

 

学生時代、私も就活をした
どういう経緯で長年勤めた銀行への採用が決まったかは定かではないが、
とにかく金融関係の企業の面談を何社も受けた

当然、選考を勝ち上がっていくうえで
最終的に落とされた会社もある
途中で、自ら断りを入れた会社もある

 

自分が就活を経験してひとつ言えることは、
とにかく多くの企業面談を受けるべきだということだ

どんなに面接の練習をしたとて
いざ、面接官を前にするとうまく話せない
極度の緊張から自分の魅力を語れない

何度も採用面談を受けていくうちに、
場慣れする
話上手になる
自分にも余裕が生まれる

その繰り返しが大切であり、
自分の希望する企業から内定を勝ち取るために必要な過程でもあると思う

 

そんな私であるが、
当時は営業の功績が認められ
就活セミナーのコマを任されたり
新人へのの研修やセミナー講師を任されたことがあった

基本的には多くの学生の前で
自分の仕事内容や銀行の魅力について
決められた時間内であれこれ講演をする
当然、質疑応答も受け付けた

 

自分が学生に対してセミナーを担当したことで、
気づいたことがある
学生から感じ取ったものがある

 

人事担当もバカではないから
そういう点を考慮し採用を決めているのだろうと思ったことがある

 

それは学生の企業に対する姿勢だ
銀行へのセミナー参加者は多い
その中で、目立つ学生が必ずいる

容姿は関係ない
人から溢れるオーラがある
瞬間的に魅力を感じる、魅力を感じさせるものをもっている

自分が営業を担当していたからか、
直感的に感じるものがあった
いっしょに働いてみたい
そう思える、そう思わせる学生こそが採用を勝ち取っていくのだと感じた

 

セミナーに参加する学生は
基本メモをとっている学生が多い
メモをとるのは当たり前だ

ただ、メモをとりながらも
視線は常に講師をみている

セミナーの講師は学生一人に対して講演をしているわけではないので、
多くの学生に目線を配る
そのため、常に講師に目線を向けている学生とは必ず目が合う

人の目をみて話がきける
これは営業では必須だ
お客さまと話すには、お客さまの目をみて話す
コミュニケーションを図るうえで大切なことだ

 

興味を示している学生は大抵わかる
話し手である自分をみている学生の目をみれば大抵わかる
それは営業でも同じだ
お客さまが商品に興味を示しているかどうかは感覚的にわかる

関心を示している学生は、
目に表情がある
セミナーでの話に反応している
話をきいていることがこちらからわかる

例え、銀行が第一希望でないとしても
話をする人に対してしっかりと耳を傾け、
自然と反応できることは営業では必要なスキルだ

 

そして、質疑応答での話し方でも欲しい人材は決まる
質問の内容はどうでもいい
きかれることは大抵決まっている

銀行を選んだ動機
仕事に対してのやりがい
うれしかったこと
悔しかったこと・・・など
質問内容は毎回だいたい同じだ

では、何をみるか・・・
学生の発言時の表情だ

おそらく学生は緊張して発言している
当然、ガチガチに表情が強張り淡々と言葉を発している子もいる
一方で、緊張しならがも
発言の中で笑顔をみせる学生もいる

「教えてください」という言葉だけでも
無表情で言うのと笑顔で言うのとでは印象が大きく変わる

営業のスキルとして
お客さまと表情豊かに対応するスキルは必須だ
相手に好印象を与える

 

私は人事採用担当ではなかったが、
セミナー後には気になる学生を問われた
おそらくそれが選考や採用の過程で多少なりとも影響していたはずだ

 

専門知識を有する企業でなければ
欲しい人材は似通っている
営業職ならなおさらだ
魅力的な学生をどの企業も欲しい

 

そう考えると
例えセミナーでも、選考はすでに始まっている
銀行への就職を希望しているのなら、
例えその企業への就職が最終目的でなくても
魅力的な学生にみられるよう演じてみるといい
反応はいいはずだ

 

後悔のない就活

飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】

ViViにも特集された、話題沸騰の美肌成分も配合されたバストクリーム【マニグランド】

銀行に求められる人材とは② 成功する人を見分ける3つの観点とその理由

驚きの洗顔!!

楽天リサーチ第1位 売れてます!!

 楽天3冠達成!!簡単ダイエット!!

私が採用担当だったら、
人材をみる観点は3つだ

・コミュニケーション能力が高い
・内秘めた思いはあるが自己主張しすぎない
・人を惹きつけるオーラがある

 

 

営業にはコミュニケーション能力が必要不可欠だ
ただ、普通に人と話せるということだけではダメだ

私が「この人はできる」と判断するのは
その話し方だ

・話すときに自然と笑顔が出ている
・話すときに目がキラキラしている
・話に勢いがある
・はきはきとした口調で堂々と物怖じせず話す
・相手の話に相槌をうちながら最後までしっかりときける
・自分の意見を主張するのではなく、一旦は相手の話を受け入れる姿勢をみせる

 

話すときに笑顔が自然と出るだけで印象が一瞬でよくなる
話に勢いがあると相手がその流れに吸い込まれていく
話を最後まできき「そうですね」と受け止めることで相手に満足感を与える

営業で求められるコミュニケーションスキルとは、
一瞬で相手を引き込む力が重要だ
話し方、相槌、間の取り方、その何気ないことが成功の大きなカギとなってくる
話し上手であり聞き上手である必要がある

 

「営業で成功したい」
「人に負けたくない」
営業マンであれば、こう思う人は多い
そして、営業をするうえでこういった内秘めた思いを持ち続けることは大切なことである
ただ、それが全面に押し出ている人は、ガツガツしずぎて成功しない
空回りするだけだ

 

認められたいという思いが強く、自己主張が強くなる
研修でも就活セミナーでもそうだが
大抵どこにでも「私から!!」とまず自分の主張する人がいる
そういう人はまず成功できない

 

なぜなら、自分を主張することだけにとらわれて
深く物事を考えない
相手の様子をみて考えるということをしない

 

営業で言えば「ごり押し」ばかりする
自分の主張ばかりを繰り返し、
お客さまの立場に立って物事を考えることをしない

 

営業はお客さまありきの仕事だ
お客さまの考えを伺い、そのうえで最適な提案を心がける必要がある
営業で成功するには、
本当はこうしたい、と思っても
お客さまの考えを考慮するなら一歩引くことも必要なスキルだ

 

これは職場での人間関係の構築にも深く関わってくる
営業と言う仕事は自分一人では完結できない
行員はスタッフにフォローしてもらって初めて完結する

一方的に自分の主張ばかりを通していても
人はついてこない
相手の気持ちを察すること、相手の仕事をフォローするなど
そういった一つ一つの積み重ねで信頼を得ていく

営業での成功は自分だけでは決して成し遂げられない
成功するためには、
周りの状況を把握し行動するスキルがなければならない

 

 

営業で成功する人の多くには独特な雰囲気がある
ぱっとみた瞬間に直感で感じるオーラがある
人を惹きつける力がある

 

それは訓練して習得できるような簡単なものではない
その人の人生の中で自然と習得されたものである

あたたかい表情であったり、話し方だったり、
周りの人を大切にする様子であったりと、
普段の何気ないところでふと感じるものがある
作られたものでなく自然と現れる独特な雰囲気がある

 

独特な雰囲気といっても
自分勝手で相手を寄せ付けないようなキツイオーラはいらない
仕事をバリバリしていて人が近づきにくいどこか冷たい雰囲気はいらない
それはむしろマイナスなイメージとなる

どちらかというと、
親しみやすい、やわらかい雰囲気の人のほうが成功する

 

営業は人と人とのつながりで成功するものである
仕事にはその人の性格が反映される
相手が話していて安心するような人を惹きつける魅力ある人こそが
やはり成功を勝ち取っていくのだと思う

 

銀行は接客業である
人と人とが関わり合う仕事である
よりよい人間関係を作り上げていくことが大切である
そのために、
自分には何が必要なのか、どうすべきかを考えることは必要であり、
そのために行動することが大切だと思う
そして、そういった人こそが成功していけるのだと私は思う

 

最短1週間で入社可能!DYM就職

 楽天3冠達成!!今売れてるダイエット茶!!

  この洗顔、すごい!!

楽天リサーチ第1位 男性に売れてます!!

 ステキな鞄に出会えます!!

銀行に求められる人材とは① 私が成功する人を見分ける3つの観点

大注目の売れ筋商品!!

 楽天3冠達成!!簡単置き換えダイエット!!

楽天リサーチ第1位 ↓↓

 

 

銀行に求められる人材とは、どのような人のことを言うのだろう
ふとこんなことを思った私

 

どの企業にも、求められる人材像というものがある
ホームページの採用ページにそんなようなことが書いてあるが、
今いちピントこないというのが本音だ

なぜなら、自分がその仕事に携わっていないから
その会社や職種で仕事をしたことがないからはっきりとイメージができない

 

 

ところが、銀行となると話は別だ
自分が現場にいて感じ取ったことがある
どういう人がお客さまから支持され、
信頼を勝ち取っていくのかということを多少なりとも知っている

 

銀行に勤めている間に様々な経験をさせてもらった
就活生向けのセミナーで自分の職種についての講演をしたこともある
新入行員の入社直後の数週間にわたる研修の講師をしたこともある
営業の担い手のフォローを担当したこともある

 

そういった経験を通して
直感的に感じるものがある
この人ならやっていける、この人はちょっと厳しいかな・・・
その直感は何となく当たっていた

 

私が担当していた職種は対個人のリテール営業である
そのため、言及できるのは、
あくまで営業や接客に携わる人材についてだ

 

当然、総合職となると学歴は多少なりとも問われる
銀行の男性行員をみると、やはり高学歴が多い

ただ、営業という観点からすれば、学歴は関係ない
総合職も一般職も営業マンとして成功できる人材は同じだ

 

実際に、私自身、凡人レベルの大学出身である
専攻は語学だ
経済のことは何一つ勉強したことがなかった
それでも、営業で上位はとれる
営業で成功できる

 

もし、私が採用担当だったら、
人材をみる観点は3つだ

・コミュニケーション能力が高い
・内秘めた思いはあるが自己主張しすぎない
・人を惹きつけるオーラがある

 

知識レベルはは全く関係ない
専門的な知識は就職してからしっかりと身に着けたらいい

 

営業で重要なのは人間性である
営業としての素質があるかどうかだ

 

銀行に求められる人材とは②へ続く

 

就職・転職ならDYM就職

リピーター続出の売れ筋商品!!

  楽天3冠達成!!売れてるダイエット茶!!

楽天リサーチ第1位 男性に売れてます!!

 鞄でセンスが見られている!!