すごい支店長!!④ この支店長を表彰式に連れて行きたい

とにかく支店長の考え方に感動した私
自身の失敗からノルマを目標に掲げるのではなく
支店のみんなが仕事をしやすいよう配慮してくださった支店長

 

こんなに素敵な支店長に出会えるのは
最初で最後だろう・・・そう思った

 

とにかく支店長が出向になる前に
表彰式に連れて行ってあげたい
そう思った

 

当時、支店の評価は販売収益だけでなく、
事務の正確さも評価の対象となっていた
そのため、お客さまの待ち時間を短縮し、事務ミスを少なくすることも
支店に課された課題だった

 

収益だけ稼いでもダメ、事務面だけ優れていてもダメ
両方ができて支店表彰のトップクラスにたてる

 

私がいた支店は大きな店ではなかったが駅から近いため、
来店客は多かった
待ち時間がどうしても長くなってしまう
改善のために、事務担当の行員、パートさんが話し合い、
できることはみんなでカバーし合った
それぞれが声を掛け合い、仕事をこなす
とても活気があった

 

収益面についても小さな店だと大口顧客の数も少なかった
ラッキーは見込めない
地道にコツコツがんばるしかなかった
毎日コツコツみんなで積み上げた

 

事務面でいいことがあれば発表し、収益が上がればみんなで喜んだ
みんなでとにかくがんばった
がんばれるメンバーがそろっていた
そんな支店、なかなかない

 

収益が上がれば妬む人がいる・・・それが銀行では当たり前の世界だ
出る杭は打たれる・・・まさに営業の世界ではこの言葉がぴったりだ

 

でも、当時在籍した支店は違った
一丸となって取り組める支店だった
支店長を壇上に上げたい、とにかく半期みんなでがんばった

 

課長が実績速報をみて言った
けっこういい位置にいる
これなら表彰台を狙える!!
とにかく間毎日できることをがんばった

 

その結果・・・
ギリギリセーフで表彰台に上がれる順位をつかみ取った
銀行に入って、営業をするようになって
こんなにうれしいと思ったことはなかった

 

ありがたいことに個人でも表彰を受けた
数人の行員・パートさんで表彰式に参加した
壇上に上がる支店長
多くの人がいる前で支店長が涙ぐんでいた
眼鏡を上にもちあげ、涙を拭いた
それをみて、私たちもウルウルしてしまった
がんばってよかった、そう思った

 

翌日、支店に賞状をもってきた支店長
「ありがとう!!銀行員になってこんなにうれしかったことはない」
と一人ずつギュッと握手をしてまわった
ありがとうと言葉を添えて

 

みんなの顔がニコニコだった
こんなにがんばったことなかった
支店長がこの支店に来てくれたからがんばれたよね
みんなでこの結果を喜んだ

 

ノルマが与えられると自分の目標達成だけにとらわれて
まわりがみえなくなる
だから、辞めたいと強く思うようになる
そうなったらおしまいだ
仕事は個人プレーじゃない
まわりには手を差し伸べてくれる人がいるはずだ

 

あなたは1人で仕事をしているんじゃない
協力して助け合って目標に向かっていくことの大切さを
支店長が教えてくれた

 

この支店のみんなとずっと仕事ができたらいいのに・・・
そう思っていた矢先、私が大きな店に異動になった
がんばれるメンバーがそろっていてせっかく居心地がよかったのに
とても残念だった

 

そして、大きな店ならではの壁にぶつかった私・・・
苦労の始まりだった・・・

 

この続きはまた

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です