すごい支店長!!② とりあえずやってみたらいい!!

「みんなが明るくハッピーになれる支店にしよう」
ノルマ達成ではなく、支店の雰囲気を重視した目標を掲げた支店長

 

一般的な支店長のイメージを覆す、人間味あふれた支店長だった
店のトップとして、支店の実績向上に注力するという面では失格かもしれない
でも、そこで働く行員やパートさんのことを考え支店運営するという面では最高の支店長だった

 

そのおかげで仕事が円滑にできるようになったし、
私自身、大きな実績をあげることができた

 

支店長は本当に支店の一人一人の考えを大切にしてくれた
それは小さな支店だからこそできたことなのかもしれない
どうしたらその人が明るくがんばれるのかを一生懸命考えてくれた

 

支店長が考えても解決できない場合は、支店のみんなにその課題を投げ、
より良い解決方法を探した
当然、解決できず平行線をたどるケースもある
でも、そこは譲り合いの精神で支店のみんなでカバーしていこう、そうみんなで決めた

 

どこにそんな支店があるだろうか・・・
支店長の言うことは絶対、決まったことをやる
これが当たり前だと思っていた
いや、それが銀行では当たり前だ

 

でも、その支店長は違った
支店のみんなが一丸となって仕事に取組みフォローし合う
私の銀行員人生の中で最も雰囲気のよい支店だった
支店長のおかげで私自身のびのびと仕事ができた

 

「いいと思うことはとりあえずやってみたらいい」

支店長はそう言っていつも後押ししてくれた
セールス活動でこういうことをしてみたい、というと
「よし、やってみよう」と協力してくれた

 

それがうれしかったし、少しでもノルマ達成に向かってがんばろうと思った
それまではノルマがキツイ、イヤだ・・・そう思っていた私だったが、
自然と支店のために自分ができることをがんばろうと思った
そのことに私自信びっくりしたし、みんながそれぞれの持ち場でがんばろうと思った

 

でも、残念なことに支店長の方針をよく思わない人も数人いた
話し合いをすれば文句ばかり・・・
そんなことやっても無駄だし・・・と
がんばろうとしている人の陰口を言ってイヤな雰囲気にしたり
人としてどうかしているんじゃないか、と思うほど変な態度をする人がいた

 

もともとその人たちが好きではなかった私
とにかく事あるごとに人のことを指摘しイヤな気持ちにする
仕事中に陰口ばかり

 

せっかくみんなでがんばろうとしているのに
どうして釘をさすようなことを言うんだ・・・
とにかく腹が立った

 

そんな時だった

「がんばっている人の何が悪い 文句があるならコソコソ言わずに私に直接言ってください」
突然、顔を真っ赤にして大声を出した支店長
たまたま営業時間終了後だったのだが
とにかくびっくりした

 

いつも優しく物腰の柔らかい支店長
その支店長がキレた
例の二人が陰口を言っているのを近くできいていたのだ

 

突然静まり返った支店
みんなびっくりした
でも、がんばっているみんながその支店長の言葉をきいて
何だかスッキリした

 

がんばろう!!そう思った
銀行での仕事がイヤで辞めたいと思っていた私
でも、がんばろう、とやる気を出させてくれたのがその支店長だった

③へ続く



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です