銀行員以外の人生 私がもし銀行に就職していなかったら・・・

 

 

大学卒業後、銀行へと就職した私
その後は自分の人生を大きく見直すこともなく、
そのまま長年に渡り銀行員人生を送ってきた

 

銀行員だった自分に不満があったわけでもない
他にやりたい職業があったわけでもない
そんなわけで、銀行で働き続けていた

 

そんな私であるが、
銀行を退職し、ふと考えることがある

 

私にも別の人生があったのではないだろか
銀行員になっていなければ、
違う人生が拓けていたのではないか、と・・・

 

銀行以外の金融機関はもちろん、
アパレル、商社、教育関係、医療関係 インストラクターなど
仕事を探そうと思えばいろいろな職業がある

職業が違えば習得できる知識も異なる
経験できることも異なる

 

もともと人と接することが好きだったので
人を相手にする接客業は自分に合っていた
学生時代、ショップ店員や飲食店でバイトしたこともある
人と話すことは全く苦ではない

そのため、自然と人とコミュニケーションできる仕事を選んだ
それが自分にとってもいい選択だと思った

 

でも、それが正しかったのか・・・
銀行へとたどり着いた私の選択は正しかったのだろうか・・・
そうふと考える

 

銀行を退職した今、
銀行員だったという過去の事実はあるが、
それを活かして何かをしているわけでもない

確かに金融に関する知識はある
生活していくうえで必要な知識を蓄えることができた
でも、それ以外、何も得ていない

 

例えば、専門的な技術を学び習得していれば
それを活かして起業することができたかもしれない
趣味の延長で何かできたかもしれない

そう思うと、銀行を退職し
私に残ったものは金融の資格しかない

 

女性が生活していくうえで
手に職があるということは大きな強みだ
自分の将来を見越して
仕事を選んだほうがよかったのではないか・・・
そんなことを考えたりする

 

銀行員だったことを後悔しているわけではない
自分が好きで働いていたから
営業することが好きだったから
だから銀行で働いていたんだ

 

でも、何も残らなかったなぁ・・・
それが退職した私の素直な感想だ

 

人生は一度きり
それならば、銀行員という安定した職に留まらず
新たな世界、新たな可能性を追求したほうが、
人生おもしろかったかな、とも思う

 

女性という立場で仕事を考えたときに、
ただただ働くのではなく、
何か得るもの、今後に活かせる仕事を選択したほうが
長い目でみて賢い選択だったのではないかと思ったりする

 

今となっては変わらない過去であるが、
もし、過去に戻れるのなら、
銀行員とは違う別の人生を歩んでみたかったと思う

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です