新入社員に求めらるもの 使える新人と使えない新人との差

これまで銀行という職場で
多くの新入行員をみてきたが、
新人にも「使える新人」と「使えない新人」がいる

 

当然、営業店であれば「使える新人」が欲しい
使える新人が配属されてくればラッキーだと思うし、
逆に使えない新人が配属されてきた場合が新人指導に頭を抱える

 

世間では、有名大学を出ていれば優秀な人材だと評価される
当然、銀行も優秀な人材が欲しい
そのため、有名大学出身のエリートが多いのも確かだ

 

しかし、銀行の営業店における優秀な人材とは、
世間でいう優秀の意味とは少しニュアンスが異なる

 

営業店としては、新人といえども
即戦力になる人材が欲しい
現場の仕事に対して柔軟に対応できる人材が欲しいというのが本音だ

 

銀行の営業店が求めるのは、頭脳レベルの高い人材ではなく、
柔軟に対応できるフットワークの軽い人材だ

 

もちろん、新人指導担当者として
両方の人材を指導したことがある
職場で支持されるのはやはりフットワークの軽い新人だ

 

銀行での仕事は覚えることが多い
当然、頭脳も必要だ
でも、それ以上に必要なのは柔軟な対応力
どれだけ猛勉強し知識を蓄えたとしても決して敵わない

 

何でも頭で理解し解決しようとする新人は
かえって営業店の負担になる
何でも順序立てて考えようとする

 

でも、営業店での仕事はイレギュラーなことも多い
最初から型にガッツリはまるような仕事はない
目の前の仕事をやるしかないのだ

 

銀行の営業店での仕事は頭で覚えるのではなく、
身体で覚える、感覚で覚える仕事だと私は思っている
それが現場では必要なスキルだ

 

 

私が営業店で勤務していた時、とにかく使えない新人が配属されてきたことがある
どこか暗い雰囲気のある頭脳勝負の新人だった

 

何でも頭で理解しようとする
順序立ててマニュアル通りに覚える
マニュアル通りでないと納得いかない

 

そんな新人が
私にこんなことを言った

「銀行の仕事の流れがわかりません」

 

入行して2ヵ月ほど経った時の話だ
これまで教えてきたことは何だったのだろうか・・・
その発言に衝撃が走った

 

営業店での仕事は毎日予測できない
どんなお客さまが来店されて
どんな手続きが必要なのかは対応してみないとわからない
決まった流れなんてない

 

何でも頭で覚えようとするな
とにかく柔軟に対応していくしかないんだ
それが営業部での仕事だ
そう言いたかったがぐっとこらえた

 

理解できないことには納得いかない表情をみせる
マニュアルを読むふけり、マニュアル通りに事を進めようとする
知識ばかり蓄え、自分が賢いことを示そうとする

 

でも仕事ができない
1つつまずくとそこで手が止まる

 

それなら周りの人に聞けばいいのに
みんなのほうが銀行歴も長いし銀行のことをよく知っている
わからないなら自分で動いてきいたらいい
そう思っていた

 

使える新人は臨機応変に何でもそつなくこなす
わからなければ自分の足でききにいく
仕事とは、経験を積み覚えるしかない
積み重ねることで感覚的に仕事がつかめるようになる

 

何でも飛び込んでいけばいい
新人なんだから失敗しても必ずフォローしてもらえる
失敗して許されるのは今しかない
自分で何でも解決しようとするのではなく、
周りを巻き込んでいけばいい

それができる新人こそが「使える新人」であり、
営業店が求める新人の姿勢であると私は思う

とにかく動く その姿勢が大切だ

インスタグラムでも投稿多数!重ね発酵ハーブ茶

はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

銀行で社会人生活を円滑にスタートさせる方法 好かれる新人と嫌われる新人  

もうすぐ4月
4月といえば、銀行でおもしろい人間模様が見られる時期だ

銀行への就職が決まった学生が
4月になると新入行員として銀行で働き始める

学生から社会人へと変わると同時に
社会の荒波にもまれることになる

 

私にもそんな時期はあった
自分の配属店が決まり
ドキドキしながら支店へ出向いたことを今でも覚えている

 

夢描いた社会人生活が
自分の思い通りに動き出すか
それとも想像を絶するような地獄となるかはまさに運だ

 

配属店や上司や同僚は選べない
配属された以上はそこで闘っていくしかない
あなたの銀行員としての最初の運命は
自分が配属された場所で決まる

 

当然、新入行員は行員やスタッフからの注目の的だ
入行前に履歴書である程度個人情報が伝わっているとはいえ
どんな新人が入ってくるかを楽しみにしている
銀行の一大イベントでもある

 

若手にとっては複雑な時期でもある
自分よりも年次の若い新人が入ってくることで
それまでの自分の地位が脅かされるのではないかと
危機感を感じたり最初から敵対視している行員もいる

 

だからこそ、この時期の銀行の人間模様はおもしろい
とりわけ、新入行員に対しての女性行員の態度は恐ろしいものがある

 

お局様、常に周りからちやほやされたいと思っている女性行員・・・
新入行員が自分よりも周りの行員からちやほやされることを特に嫌う
当然、新入行員に対しての態度にも顕著に表れる

 

新入行員は嫌われたら最後
夢描いた銀行員人生は一気に崩れ落ちる
言い換えれば、最初に嫌われてしまったら
あなたの夢描いていた銀行員人生は終わってしまう

 

せっかく勝ち取った銀行員人生
どうせなら最初くらいは楽しい銀行員生活を送ってほしい

 

新入と呼ばれる、呼んでもらえるのはたった1年しかない
1年経てば、新たな新入行員が入ってくる
新入行員時代はあっという間に過ぎ去ってしまう

 

それならば、新人である間だけでも
新人の特権を思う存分活かしたらいい
活かせるような自分を作り上げたらいい

 

好かれるか嫌われるかで
新入行員の道は大きくかわる
当然、好かれたほうがいいに決まっている
だからこそ、最初が肝心だ

 

目立ちすぎない
新入行員としてうまくやっていくには
目立ちすぎないことが一番であり賢明な策である

 

いくらプライベートが派手でも
その一面を見せたとたん、バッシングにかわる
調子に乗っている、生意気だと言われることもある

 

何でも普通がいい
容姿も態度も普通がいい
呼ばれたら明るく返事をし素直に取り組んだらいい

 

バカバカしい、面倒くさい・・・
最初はそう思いかもしれないがその気持ちをぐっとこらえるのが正解だろう

 

大人げないと思うことが
銀行の職場では当たり前のように起きている
どうでもいいのにと思うことで
あれこれバッシングされている行員がいる
目立てば必ず非難される

 

そんなことで
自分の社会人生が閉ざされるのは馬鹿げている
自分で壁にぶつかり挫折するのではなく
他人によって挫折させられるなんてもったいない

 

個人的な意見ではあるが、銀行の仕事はけっこう楽しいと思う
仕事を覚えることで一人でできることが増え、自信もつく
だからこそ、仕事の楽しさを知る前に
どうでもいいことであれこれ邪魔されるのはもったいないと思う

 

せっかく社会人となり銀行で働くのだから
銀行員人生を円滑にスタートさせたほうが何かと都合がいい
だからこそ、
行員から好かれる新入行員を演じるのがベストだ

あなたの社会人としての第一歩が
他人に邪魔されることなく花開くことを願っている

飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】

着るだけスタイルアップマジカルスリマー

銀行就職を希望する就活生へセミナー講師経験談 私が欲しいと思った人材3条件  

 

そろそろ来年度の就職活動が本格的に始まる時期だろう
いや、すでにセミナーが開催され、
採用のエントリーが始まっているのかもしれない

とりわけ、金融関係の就活戦争は他業種に比べて早い時期から行われる
とにかくいろいろなセミナーに参加し興味を持つこと
それが希望の企業への内定を勝ち取る就活のスタートだと私は思う

 

学生時代、私も就活をした
どういう経緯で長年勤めた銀行への採用が決まったかは定かではないが、
とにかく金融関係の企業の面談を何社も受けた

当然、選考を勝ち上がっていくうえで
最終的に落とされた会社もある
途中で、自ら断りを入れた会社もある

 

自分が就活を経験してひとつ言えることは、
とにかく多くの企業面談を受けるべきだということだ

どんなに面接の練習をしたとて
いざ、面接官を前にするとうまく話せない
極度の緊張から自分の魅力を語れない

何度も採用面談を受けていくうちに、
場慣れする
話上手になる
自分にも余裕が生まれる

その繰り返しが大切であり、
自分の希望する企業から内定を勝ち取るために必要な過程でもあると思う

 

そんな私であるが、
当時は営業の功績が認められ
就活セミナーのコマを任されたり
新人へのの研修やセミナー講師を任されたことがあった

基本的には多くの学生の前で
自分の仕事内容や銀行の魅力について
決められた時間内であれこれ講演をする
当然、質疑応答も受け付けた

 

自分が学生に対してセミナーを担当したことで、
気づいたことがある
学生から感じ取ったものがある

 

人事担当もバカではないから
そういう点を考慮し採用を決めているのだろうと思ったことがある

 

それは学生の企業に対する姿勢だ
銀行へのセミナー参加者は多い
その中で、目立つ学生が必ずいる

容姿は関係ない
人から溢れるオーラがある
瞬間的に魅力を感じる、魅力を感じさせるものをもっている

自分が営業を担当していたからか、
直感的に感じるものがあった
いっしょに働いてみたい
そう思える、そう思わせる学生こそが採用を勝ち取っていくのだと感じた

 

セミナーに参加する学生は
基本メモをとっている学生が多い
メモをとるのは当たり前だ

ただ、メモをとりながらも
視線は常に講師をみている

セミナーの講師は学生一人に対して講演をしているわけではないので、
多くの学生に目線を配る
そのため、常に講師に目線を向けている学生とは必ず目が合う

人の目をみて話がきける
これは営業では必須だ
お客さまと話すには、お客さまの目をみて話す
コミュニケーションを図るうえで大切なことだ

 

興味を示している学生は大抵わかる
話し手である自分をみている学生の目をみれば大抵わかる
それは営業でも同じだ
お客さまが商品に興味を示しているかどうかは感覚的にわかる

関心を示している学生は、
目に表情がある
セミナーでの話に反応している
話をきいていることがこちらからわかる

例え、銀行が第一希望でないとしても
話をする人に対してしっかりと耳を傾け、
自然と反応できることは営業では必要なスキルだ

 

そして、質疑応答での話し方でも欲しい人材は決まる
質問の内容はどうでもいい
きかれることは大抵決まっている

銀行を選んだ動機
仕事に対してのやりがい
うれしかったこと
悔しかったこと・・・など
質問内容は毎回だいたい同じだ

では、何をみるか・・・
学生の発言時の表情だ

おそらく学生は緊張して発言している
当然、ガチガチに表情が強張り淡々と言葉を発している子もいる
一方で、緊張しならがも
発言の中で笑顔をみせる学生もいる

「教えてください」という言葉だけでも
無表情で言うのと笑顔で言うのとでは印象が大きく変わる

営業のスキルとして
お客さまと表情豊かに対応するスキルは必須だ
相手に好印象を与える

 

私は人事採用担当ではなかったが、
セミナー後には気になる学生を問われた
おそらくそれが選考や採用の過程で多少なりとも影響していたはずだ

 

専門知識を有する企業でなければ
欲しい人材は似通っている
営業職ならなおさらだ
魅力的な学生をどの企業も欲しい

 

そう考えると
例えセミナーでも、選考はすでに始まっている
銀行への就職を希望しているのなら、
例えその企業への就職が最終目的でなくても
魅力的な学生にみられるよう演じてみるといい
反応はいいはずだ

 

後悔のない就活

飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】

ViViにも特集された、話題沸騰の美肌成分も配合されたバストクリーム【マニグランド】

忘れられない人 将来の安泰より自分らしく突き進む生き方を選んだ彼

私には忘れられない人がいる
突然、私の前に現れたかと思えば、
あっという間に私の前から去っていった

 

とにかく私の銀行員人生の中で
私に強烈な印象を与えた人物であり、
破天荒すぎる男だった

 

年下のくせに私にはタメ口
給与が入ればあっという間に使ってしまう
上司、同僚をどこか見下しており、
銀行の職場に対しての不満を私にぶちまける

時には上司や同僚に愛想笑いしている私をみて
バカげていると非難した

 

曲がったことは嫌いなようで、
私が言われると痛いことをとにかくズバッとついてくる
ここまで物怖じせず強気な発言をしてくる同僚はいなかった
そして、ここまで先のことを考えない人間は初めてだった

 

ただ、彼の言うことは正直当たっていた
確かにそうだな・・・と思う部分も多かった
当たっている分、言われて腹が立つこともあった

 

でも、社会人だ
銀行という職場に勤めている以上、
上司に従っていくのは当たり前
自分とは合わない同僚に対しても大人としてきちんと対応する
それが当たり前のことであり社会人としての常識であると思っていた

 

そんな彼が突然、銀行を辞めると言った
有名大学出身で総合職の銀行員だった彼
今のままなら給与水準も高い、ボーナスもいい
サラリーマンとしては高水準の条件がそろっている

当時は安泰と言われていた銀行員だ
このまま銀行に勤めていれば不自由しないはずだ
それなのに、どうしてこの地位は名誉を捨てようとするのだろうか・・・
当時の私には理解できなかった

 

苦労して就職したのに、
どうして自らその職を捨ててしまうのか・・・
彼の決断を正直バカだと思った
このまま銀行で働き続ければサラリーマンとして勝ち組になれるのに、
自ら厳しい道を選ぶなんて馬鹿げていると思った

 

ところが、彼は踏み留まることなく
あっさりと銀行を辞めた
銀行を辞め、海外へと飛んで行った

海外で仕事をするわけでもない
ただただ、自分探しでもするかのように
海外へと旅立っていった

人生は一度きりだ
自分の人生を楽しむべきだ
自分のやりたいことをやるべきだ
そう言って銀行をやめ、放浪の旅に出た

 

将来を見据えていない彼の行動を
当時の私は完全否定していた
バカな選択だと思った
いつまでも学生気分を追い求めていて、
社会人としての自覚がなく情けないとも思った

 

ところが・・・
銀行を辞めた今、ふと彼のことを思い出すことがある
当時の彼の選択は、決して間違っていなかったのではないか、と思う自分がいる

 

男としての彼の選択は、
守るものがないからこそできた決断でもある
これを既婚の男性がするものならば、
私は猛反対するだろう

家族がいる身で自分本位のことをするなんて薄情すぎる
家族を守るためにも銀行に留まるべきだと主張するだろう

 

ただ、1人の人として考えた場合、
一度きりの人生を追求していくことは否定しない
銀行に縛られていた間、
出来なかったこと、諦めたことは多い
その時やっておけばよかったと今になって思いことはある

そう思うと、
地位や名誉を捨て自分の道を追い求めていたら
こんな後悔はなかったのかもしれないとも思う

今になって当時の彼の行動力をうらやましく思う
彼のように破天荒な人生を送ってみたかったとも思う
そんな勇気があったらいいのに・・・と思う

 

結局、私は守りの固い人生を歩んでいる
根が頭の固い人間なので、
例え、過去に戻ったとしても、
銀行員としての安泰した職を手離すことはなかっただろう

 

だからこそ、新たな道を切り開く人生には憧れる
自分の思うままに突き進む人生に憧れる

 

人生は一度きりだ
過去には戻れない
前に進むしかない

 

銀行を退職し、
そのしがらみから解放されたからこそふと考える
私は何がしたいのだろう・・・
これから何ができるのだろう・・・

そんな未来の自分を想像するとちょっぴりわくわくする
きっと早々に銀行を辞めた破天荒な彼もそんな気持ちだったのだろう

 

人生は一度きり
それなら後悔しない人生を歩みたい!!

銀行に勤めていたときにはかなり保守的だった私が
考えられないような前向きは考えをしている
退職したことでどこか吹っ切れた自分がいる
今はそんな自分がけっこう好きだ

 

 

飲むだけ簡単ダイエット【重ね発酵ハーブ茶】