私が銀行を退職した理由③ 仕事と子育てを両立することへの葛藤

楽天3冠達成!!簡単置き換えダイエット!!

楽天リサーチ第1位 男性に売れてるスキンケア

子供を抱える女性が仕事と家庭を両立するということは
安易な考えではやっていけない
大きな覚悟を決め、自分にその覚悟を言い聞かせ常に仕事をしている
子供に対して後ろめたい気持ちがありながらも
必死で仕事をしているのだ

 

とはいえ、私はそれに耐えられず退職という道を選んだ
子供との時間をこれ以上削ることは私にはできなかった

 

子供の成長は早い
自分の知らないうちにどんどん成長していく
その成長を親として一番近くで見守りたい、そう強く思うようになった

 

私の両親も共働きをしており、
小さなころは祖父母が私の面倒をみてくれた
大人になった今は、そのおかげで何不自由なく生活できたことを感謝しているし
親の考えも納得できる

 

ただ、やはり子供の頃の記憶は消えない
「親が仕事でいなくてさみしかった」
この気持ちは今もある
自分が親となった今、
自分が子供たちに同じ思いをさせているかと思うと心が痛んだ

 

子供が成長すれば子供は親からは離れていく
今だけ我慢すればいいことであり、
先のことを考えたら仕事を続けたほうがいいと一度は考えた

でも、そうは言っても悶々とした気持ちは常にあった
今、子供たちとの時間を大切にしなくてどうするのだ
子供たちの母親は私だけなのに、
仕事をして子供も犠牲にしている自分自身が許せなかった
だからこそ、退職という大きな決断をした

 

仕事をとるか、家庭をとるか
子供を抱えた女性の選択に間違いはない
選んだ道が正解なんだと思う

 

銀行という職場は福利厚生が充実している
女性の活躍を推進している
銀行は女性には非常に働きやすい職場であると思う
できることなら銀行での仕事を続けたかった

 

でも、それ以上に守りたいものがあった
だから退職したことを決して後悔はしていない

むしろ、子供とのかけがえのない時間を手に入れたことに喜びを感じている
子育てが落ち着いたら何をしようか、
銀行で培った経験を活かし新たなことをしてみたい
そんなことを考えてワクワクしている

 

育休後に復帰する女性は本当にすごいと思う
精神的にも肉体的にもギリギリな状態で働いている人は多いはずだ
そんな女性に対して、
会社は福利厚生をさらに充実させ手厚くバックアップすべきである

 

いろいろな葛藤の末、働くことを決断をした女性は強い
自分は退職という道を選んだが、
復帰してキャリアアップしていく働くママはキラキラしていてかっこいいと思う

 

子育てをする女性にとって
仕事をとるか家庭をとるかという選択は永遠の課題である
それが正社員であろうがパートでも同じだ
女性ならではの悩みであり大きな人生の課題であることを実感した

 

私のように人生の選択を迷っている女性には
ぜひ後悔のない選択をしてほしいと思っている
どの選択にも間違いはない
自分の選んだ道を突き進むだけだ

 

楽天3冠達成!!手軽にできるダイエット!!

自宅で簡単エステ体験!!

楽天リサーチ第1位 とにかく売れてます!!

私が銀行を退職した理由② 働く女性には大きな決断をすべき時がある

シリーズ累計3万箱突破!!

これはすごい!!

 

銀行に限らず、働く女性は時に大きな決断を迫られる

仕事をとるか家庭をとるか・・・
今は働く女性が社会で認められるようになり
キャリアアップして活躍している女性は多い
結婚しても共働きする時代だとも言われている

 

結婚当初は、私にも「仕事を辞める」という選択肢は全くなかった
家事の負担はあるものの、生活を共にするのは夫だけ
仕事と家庭の両立は可能であると判断し、実際に両立を続けていた

 

ところが、子供が産まれたことで
「仕事と家庭の両立は可能である」という考えが揺らぎ始めた

 

子供をもつ女性が仕事を続けることは波大抵なことではない
まず、第一に家族の協力が絶対に必要不可欠である
旦那のみならず両親のサポートなしでは正直キツイ
子供の保育園や習い事の送り迎え、家事や洗濯など
夫婦2人だけの生活と比べて女性にかかる負担はかなり大きい

 

経済的な余裕が生まれる
社会とのつながりを保つ
自己啓発
キャリアアップなど
女性が仕事を続けるメリットは十分にある
しかし、それ以上にデメリットは大きい

 

子供をもつ女性が抱える最大のデメリットは
仕事でのメリットを得るかわりに、
子供とのかけがえのない確実に時間を失うということである

 

今は保育園でも朝早くから夜遅くまで子供を預かってもらえる
小学生にも児童クラブという預かり施設がある
仕事をする女性をサポートする施設は備わっている
安心して子供を預け働けるようになっている

 

しかし、その一方で子供と過ごす時間が確実に削られいる
どんなに愛情を注いでいるとはいえ、
共に過ごす時間が少ないということは
「子供にもさみしい思いをさせている」ということである

 

お金やキャリアを稼ぐ分、
子供が犠牲になっていることは間違いない

 

特に子供が小学生になるとそのことを痛感する
夏休み、冬休み、春休み、
子供や休みでも親は仕事で不在
祖父母や児童クラブで過ごすことになる

 

「〇〇くんのお家にはママがいるのに、そうしてママは仕事なの?」
子供にこう言われたことがある
「学校の授業が終わったらみんなと同じように家に帰りたい」
そう言われたことがある

保育園の娘にも
「お迎えは1番に来てほしい」
「遅くまで保育園にいたくない」
そう言われたことがある

 

子供を抱え働く女性には、時短制度があるとはいえ、
それでもカバーできないことは非常に多い

 

私が銀行を退職した理由③へ

 

就職・転職ならDYM就職

シリーズ累計3万箱突破!! 

これ、売れてます!!↓↓

 欲しい鞄がきっと見つかる!!

今話題の洗顔がこれ!!

私が銀行を退職した理由① 葛藤の日々 退職を決断するまでの葛藤

大注目の売れ筋スキンケア!!

 楽天3冠達成!!簡単置き換えダイエット!!

楽天リサーチ第1位 売れてます!!↓↓

 

銀行を退職する人は多い

仕事内容が合わなかった
人間関係がうまくいかなかった
想像以上にキツイ仕事だった
他にやりたい仕事がある
家庭に入るなど
退職理由は人それぞれである

 

退職を選択することは決して悪いことではない
悩みに悩んだ末の決断であり、
その人の新たな人生のスタートとなる

 

仕事内容に納得していなくてもずるずると仕事を続けている人は多い
辞めたいと思ってもただそう思うだけで
アクションを起こさない人はたくさんいる

 

そんな中で「仕事を退職する」ということは、
今の自分の安定した地位を捨てるということであり、
相当な勇気がいる決断である

 

私もその勇気ある決断をした一人だ
自分の中で葛藤する日々、
もちろん、このまま仕事を続けるという選択肢もあったのだが、
悩んだ末、銀行を退職するという大きな決断をした

 

銀行での仕事に不満があったわけではない
営業という仕事も好きだった
まだまだやれるという自信はあった
それでも、葛藤の末「退職」という道を自ら選ぶことにした

 

 

私が銀行を退職した理由②へ

 

あなたに合った企業への就職を徹底サポート!DYM就職

 

使うとハマる!!続々と売れてます!!

楽天3冠達成!!今話題の売れてるダイエット茶!!↓↓

男性におススメしたいイチオシ商品!!

銀行の職場にいる最低な男 自分に酔いしれているナルシストの偽エリート

大注目の売れ筋商品!!

楽天3冠達成!!売れてるダイエット茶!!

 

 

銀行という職場には男性が多い
性格のいい人、悪い人
優しい人、自分勝手な人
とにかく様々な男性がいる

スーツを着ているため
その容姿に騙されることもある

 

長年、銀行に勤めていると
様々は男性と仕事を共にする

 

銀行には最低な男は多い
高学歴を自慢する男
女性行員にえらそうな態度をとる男
上司へのゴマすり男
とにかく最低な男がゴロゴロいる

特に人間性を疑うような行動をする男は最低だ
できれば仕事でもかかわりたくないと思ってします

 

最低な男性行員の中でもとくに最低だと思う男が
「自分に酔いしれているナルシスト行員」である

 

銀行に勤めている男性は
世間ではエリートと呼ばれている

エリート銀行員というと一種のステータスのようなところもあるが
その称号が与えられるのはごく一部の男性行員だけである

 

とりわけ、最低な男性行員に多いのが
ニセエリート行員
たんなるナルシストで、いわゆる勘違い男である

 

高学歴の男性行員が決してエリートであるとは限らない
知的であり仕事ができるだけではダメ
周りの行員から支持される男性行員こそがエリート行員である

 

銀行にはとにかくこのニセエリート行員が多い
一番厄介なのが、
スーツを着て銀行で仕事をしている自分に酔いしれているナルシスト行員だ

 

ブランド物のスーツやネクタイでエリート感をアピール
大して仕事ができるわけでもないのに態度がデカイ
人を見下したような話し方をする
とにかく自分をかっこいいと思っている
そんなナルシストな男性行員がゴロゴロといる

 

とにかく見ているだけで腹立たしい
話しかけられるだけでこっちが不愉快だ

 

学歴だけで仕事ができるわけではない
スーツやネクタイで仕事がカバーできると思うなよ
一般行員の私たちのほうがよっぽど仕事ができるぞ
自分に酔いしれているナルシスト男をみるだびにそう思っていた

 

銀行員といえば聞こえはいい
外ではモテるかもしれないが、
社内では仕事ができないへっぽこ男だ
横柄な態度をしている場合じゃないぞ
仕事ができないことを自覚しろ
単なる着飾り男だ!!

 

文句があるなら本物のエリート行員になってみろ
周りの行員やスタッフから支持される男になってみろ
ナルシストのニセエリート男から話かけられるたびにそう思っていた

 

偉そうな態度がムカつくんだ
そんなに高学歴の銀行員が偉いのか!!
仕事ができない男性行員ほどナルシストのニセエリートが多い
そんな最低な男性行員にうんざりしていた

 

楽天リサーチ第1位 男性に売れてます!!

 今注目の売れ筋スキンケア!!

楽天3冠達成!!売れるにはワケがある!!↓↓

 シリーズ累計3万箱突破!!

銀行の職場にいる最低な上司 逃げ足だけはとにかく速い薄情な最低上司

大注目の売れ筋商品!!↓↓

 30,000箱突破!!売れてます!!

楽天リサーチ第1位 ↓↓

 

銀行という職場には必ず上司がいる
性格のいい人、悪い人
優しい人、自分勝手な人
とにかく様々な上司がいる

当然、上司は選べない
いい上司に巡り合えるかはまさに運だ

 

長年、銀行に勤めていると
様々な上司のもとで働くことになる

 

銀行に最低な上司は多い
自己中な上司はゴロゴロいる
自分の身を守ることしか考えておらず
部下をかばおうとしない上司は最低だ

ましてや自分のミスを部下になすりつける上司は
最低中の最低上司だと思う

 

仕事をしていると自分では判断できない案件にぶち当たることがある
その場合、上司に判断を委ねるわけだがどういうわけか、そういう時に限って姿をくらます上司がいた

 

「あれ?またいない・・・」
「さっきまでいたのにどこへいった?」

肝心は時には必ず意図的に席をはずしている最低な上司
さっきまで後方に座っていたはずなのに急に姿が消える
危機感を感じ取るとすかさずトイレへと消えていく・・・

 

私が窓口でお客さまの対応をしていた時の話だ

 

銀行には本人以外のお客さまが来店されるケースが多い
本人が来れないという理由で妻や親が来店される
銀行業務は基本的には本人との取引となるため、
本人以外の場合はまずお断りをするのが原則となっている

 

ところが、説明しても納得されないお客さまもいる
その場合はまず窓口担当者は文句を言われ怒られる
怒鳴られることも多い

 

そうなると窓口対応では手に負えないため
困り果て上司に対応を依頼する

 

そんな時に必ずといっていいほど姿をくらます最低上司
窓口で雲行きの怪しい案件の受付をしているとわかると
すかさず席を立ちあがる

 

そそくさとまるで逃げるかのようにトイレや書庫へと消えていく

 

「うっそ~!!さっきまでいたよね」
「また逃げた?」
「上司は部下をフォローするのが仕事なんじゃないの?」

 

逃げ足の速い最低上司には毎回ブーイングがあがる
上司のくせに、困ったときにいないなんて何の意味もない
窓口行員からしたらまさにダメな最低上司だ

 

仕方なく他の上司に対応を依頼して何とか解決するのだが、
そのころにはしれっと薄情な最低上司が自分の席に戻ってきている
そうやら長いトイレタイムは終わったらしい

 

「どこで何をしていたんですか?」
「気づいていて逃げましたね」
心の中で何度こう思ったことか・・・

 

上司という立場でありながら部下のフォローから逃げる上司は最低だ
何のためにいるのかわからない
部下は上司を選べない
頼れない上司のもとで働くことはまさに不運である

 

楽天リサーチ第1位 男性に売れているイチオシ商品!!

 シリーズ累計3万箱突破!!

大注目のすご売れ商品!!

楽天3冠達成!!売れてる注目のダイエット茶!!

銀行の職場にいる最低の上司 出世欲に憑りつかれた計算高い黒縁眼鏡

芸能人・モデル愛用の大注目商品!!↓↓

使うとハマる リピーター続出商品!!↓↓

楽天リサーチ第1位 男性に売れてるイチオシ商品!!↓↓

 

 

銀行という職場には必ず上司がいる
性格のいい人、悪い人
優しい人、自分勝手な人
とにかく様々な上司がいる

 

当然、上司は選べない
いい上司に巡り合えるかはまさに運だ

 

長年、銀行に勤めていると
様々は上司のもとで働くこととなる

 

銀行に最低な上司は多い
自分の出世ばかり気にしている
部下に対しては冷たい態度をとるも
上役へのゴマすりは決して欠かさない
計算高い上司がゴロゴロいる

 

特に人間性を疑うような行動をとる上司は最低であり
そんな上司とはできれば関わりたくない

 

私が思うに、
最低クラスの上司には眼鏡をかけている人が多い
それも、黒縁眼鏡だ

 

あの眼鏡の下から見える目・・・
何とも気味が悪い

 

考えることは自分の出世のみ
その出世に弊害を及ぼすような部下はすぐに切り捨てる
まさに出世欲に憑りつかれている

 

支店評価にとにかくこだわる
進捗率が悪ければ、徹底的に営業担当を責め立てる
人をほめることはしない
だた、責めるのみだ

 

そういう上司ほど、大した仕事はしていない
基本デスクワークをし
偉そうな態度で部下を監視している

 

ボールペンを持った手で何やらリズムをとっているのかと思えば
足元は常に貧乏ゆすりで小刻みに動いている
人にことばかりを監視していていて自分が揺れていることにも気づいていない

 

そんな最低な上司が唯一、傲慢な態度を改めるときがある
自分よりも上役の姿が見えた時だ
その時ばかりは態度が一気にかわる

すかさず立ち上がり店内をふらつく
用もないのに部下やスタッフへ声かけをし
仕事をしてます感を大げさにアピールする

 

「面倒くさい」
「おまえの演技につきあうほど暇じゃないんだ」
最低なふるまいをする上司を最低だと思う

 

そんな最低上司、
とにかく部下の情報収集をしたがる
そして、それをもとに上役へリークする
飲み会の席で偶然知り得た情報などもすかさずリーク
部下のネタを売るなんて何とも卑劣だ

 

「上司なら部下を守れよ」
「いちいち告げ口すんな」
とにかく最低上司の前では何も話さないことが賢明だ

 

とにかく出世命の黒縁眼鏡
黒縁眼鏡から見える顔がとにかく物語っている
いかにも計算高い、いやらしい顔だ

 

顔をみるだけで嫌気がさす
部下の監視をしているのなら
上司らいしことを一つでもしたらどうなんだ

 

人のミスばかりを指摘せず、
たまには褒めたらどうなんだ
そのほうが、あんたのプラスになるはずだ

 

出世のことばかり気にして周りが見えない上司は最低だ
人としての優しさはどこへ行ってしまったんだ・・・
そんな最低上司の下で働くことにうんざりしていた

 

黒縁眼鏡の上司には要注意だ

 

芸能人・モデル愛用のすご売れ商品!!↓↓

女性はけっこう気づいていますよ!!↓↓

 

頭は悪いがセールスは一流 成功のカギは偶然と直感 営業の役割分担が生む効果

今、大注目の商品!!

このセットがこの価格!!  

営業の仕事は決して一人で抱え込む必要はない
周りの人に頼ることも大切なことである

 

営業は一人で抱え込むことが当たり前だと思っていた
どんなに忙しくても、それを一人で成し遂げることに意味があると思っていた

 

でも、それは違う
同じ目標に向かい、共に戦い協力して仕事ができる相手がいることで
心に安心感が産まれる
共に喜ぶ相手がいるだけでも、喜びが倍増する
ペアでの仕事が波に乗れば、営業で勝てる!!

 

ペアを組むときに最も需要なのが役割分担だ
同じことをしているのでは意味がない
一つのことに向かて、違う角度から攻めていくということが大事だ

 

私たちが実践していた営業活動

まず、私が得意な手書きの手紙でアプローチをかける
その後、彼女がそのお宅を訪問する

という至ってシンプルな役割分担だ

 

手書きの手紙の場合、お客さまが目を通してくれることが多い
そのタイミングで訪問をするというものだ

 

一人で営業活動していたときは、
限られた時間の中で手紙を書くだけで精一杯だった
訪問しようと思っても
お客さまの対応をしているとなかなか外訪できなかった
そのため、手紙を読んだお客さまからのアクションを待つだけの営業をしていた

 

ところが、彼女が手紙を書いたお客さまを訪問することで
営業の流れがかわった
彼女が訪問し、お客さまとの関係をうまく築き上げ
その先の提案が可能になった

 

外訪先で彼女商品提案は行わない
コミュニケーションを図り、来店アポをとってくる
これが彼女のミッションであった

 

お客さまが来店された際には、基本2人で同席するのだが、
商品提案から約定までのやりとりについては
私が行った

 

役割分担をすることで
やはり仕事の効率が上がることは間違いない
役割分担が生む効果は大きい
この活動が方法が吉と出た私たち
営業活動や成約にかなりの勢いが出た

 

同じことをしていたのでは意味がない
それぞれが異なるアプローチをすることで
成功につがなることは多い
そこが、ペアで仕事をする魅力でもある

 

ペアでの営業は、自分に合った相手に出会うことも必要であるが
それ以上に上司の理解が必要だ
上司がこの戦略にゴーサインを出さなければ、ペアでの営業は叶わなかった

 

当時の上司は、
私たちの提案に快くゴーサインを出してくれた
自分たちでやりたいと思うのならやればいい
やらなければ悔いが残る
そう言って背中を押してくれた
そのことを今でも感謝している

 

ペアを組んでうまくいくという保証はない
でも、営業の波に乗りたいと思うのならこのままではダメだ
新たな営業方法に取り組む必要がある

その1つの方法として、ペアでの営業活動をする価値は十分にあると思う
厳しい営業活動の中で、共に考え、喜び会える相手がいるというのはいいものだ
得るものは大きいと思う

ペアを組むことは
私のおススメの営業戦略である

 

男性イチオシ商品 売れてます!!↓↓

今、注目の商品!!

 楽天3冠達成!!置き換えダイエットが好評

頭は悪いがセールスは一流 成功のカギは偶然と直感 ペア営業での成功秘話

営業の仕事は決して一人で抱え込む必要はない
営業で周りの人を頼ることも大切だ

 

当時の私の年齢からすると
はるかに年上だったスタッフの彼女と仕事でペアを組むことにした私
直感で「彼女と仕事をしたい」と思った

 

彼女と共に仕事をすることで
安心感がうまれ、張りつめていた心にも余裕ができるようになった

 

営業でペアを組むようになって気づいたことがある
それは、お客さまを待たさずに済むということ

 

それまでは一人で提案から約定までを完結させていた
書類の受け入れから事務手続きにもっていくまでの処理を一人で行う
当然、手続きをしている間はお客さまの前から席をはずすことになり、
その長い待ち時間がいつも気がかりだった

 

ところが、2人体制で仕事をすることで
その退屈な待ち時間をなくすことができた
自分が席をはずし手続きをしている間も
彼女がお客さまの話し相手となり、応対していてくれる
そう思うだけで事務に集中できるようになった

 

また、自分ではどうしようもない壁である「お客さまとの年齢の壁」をも彼女が解決してくれた

 

銀行で資産運用を検討するお客さまには、退職世代が多い
お客さまとの年齢の差はどんなにコミュニケーションを図ったとしても埋められないものがある
過去の懐かしい思い出を共有することはなかなか難しい

 

そんなお客さまとの壁を解決したのが彼女だ
お客さまと同世代の彼女が退職世代のお客さまとのコミュニケーションに入ることでその場の雰囲気が和むことも多かった
年齢差の大きい凸凹コンビであったが、
彼女とペアを組むことでお客さまとのコミュニケーションもよりうまく図れるようになった

 

彼女に救われた部分はたくさんある
共に仕事ができたことを今でも感謝している

 

自分が彼女に支えられていたことを痛感したのは自分が転勤した時だ
新しい支店で一人で営業活動を再開したときに心にぽっかりと穴があいた
共に戦い、喜び合う相手がいないということに不安や孤独を感じた

 

営業活動をするうえで
仕事を分担することは非常に有効的だ
時間のロスが少なく効率よく仕事ができる
仕事に集中できる

 

それぞれが得意なことで営業活動し、互いをフォローし合う
彼女との仕事の相性はバッチリだった                   年の差が大きかったこともある                      勢いで仕事をしていく私の未熟な部分を彼女がフォローしてくれた      まさに親子のような関係であった

 

営業をしている人に完璧は人はいない            どこか足りない部分があるはずだ                     その部分を補という点において、                     ペアを組んで仕事をするということは非常に有効的である          ペアを組んで仕事をしたからこそわかることである

続く

 

シリーズ累計30000箱突破!!↓↓

楽天3冠達成!!大人気の簡単飲むだけダイエット

オーダーメイドのプレゼントが大人気!!

頭は悪いがセールスは一流 成功のカギは偶然と直感 ペアを組むことになったきかっけ 

販売箱数30,000箱突破!!

楽天3冠達成!! 飲むだけダイエット

営業という仕事は過酷だ
大きなノルマが課され、目標達成のために全力を尽くす
まさに苦しい孤独な戦いである

 

しかし、あることをきっかけにその考え方がかわった
営業とは、決して一人で背負わなくてもいいんだ
そういう営業の仕方もあるんだ、ということに気づかされた

 

私が営業で成功できたのは、
ある人との出会いがきっかけだ
当然、実績もそこそこ積み上げてはいたが、
その人と出会えたことで、一気に仕事の波が変わった

 

彼女との出会いはまさに偶然であり
その決断は決して間違っていなかった

 

銀行で営業をしていると、
何となく孤独感を感じることがある
課に属しているといっても仲間意識は低い                   まさに個人プレーヤーである

 

実績を上げても共に喜ぶわけでもなく、
その人の実績を妬む
自分以外の人が実績を上げることを悔しいと思う人ばかり
そんな職場にうんざりしていた

 

どんなに困っていても
どんなに忙しくしていても自分には関係ない
手伝ったところで、実績が積みあがるわけではないので
見て見ぬふりをする
何とも冷たい雰囲気に嫌気がさしていた

 

そんな頃だ
ある人との出会いをきかっけに大きな決断をした
自分の直感で仕事でペアを組むことを決めた

 

彼女と出会う前はとにかく毎日が必死だった
幸運にも営業に勢いがついてきていて、
とにかく毎日が慌ただしかった
自分一人ですべての手続きを完了させるのにとにかく必死だった

 

そんな姿を見かねて手を差し伸べてくれたのが彼女だった

 

彼女とは、数週間前に異動してきたスタッフさん
当時の私の年齢から言えば、自分の親よりも年上のおばさんだった       あまりにも慌ただしく必死で仕事をしている私をみて声をかけてくれた

 

彼女は年齢がかなり上ということもあるが
人としての余裕を感じる人で
話していて何だかとても安心できた
張りつめていた毎日に疲れ果ててていた私だったが、            彼女のおかげでふと一息つくことができた

 

「何か手伝えることはない?」                      彼女のこの言葉はまさに救いの声だった

「一人ですべてを抱えこもうとぜず、もっと周りに頼りなよ」        彼女の言葉で自分が救われたことを今でも覚えている

 

営業とは、一人で抱え込んで仕事をするものだと思っていた     自分ひとりでノルマに向かってがんばらないといけないと思っていた     

でも、それは違う                            一人ですべてを抱え込まなくていいんだ                  彼女の言葉で自分の営業に対する考え方がガラリとかわった瞬間だった

 

続く

30,000箱突破の売れ筋商品

楽天3冠達成!! 飲むだけ簡単ダイエット!!

毎日のケアでカバーできる!!↓↓

頭は悪いがセールスは一流 営業で勝ち抜いていくための一つの戦略

 お得なセット売れてます!!

営業という仕事は、
大きなノルマが課されその目標達成のために必死で戦う
プレッシャーとの孤独な戦いだと思っていた

 

ところが、あることをきっかけに、
その孤独から救われた
共に戦う喜びを得た

 

営業と言う仕事は
決して一人ですべてを背負う必要はない
一人で戦う必要はない
自分の経験からそう思うようになった

 

リテール営業で勝ち抜いていくための一つの戦略として
ペアで組んで仕事をすることは有効的な方法であると思う
タッグを組んで仕事するということである

 

それが吉と出るか凶と出るかは組んでみないとわからないが、
ペアを組み、相手との相性がよければ営業に勢いが出て
成功を勝ち取ることができるはずだ

 

ペアを組んで営業活動するメリットには、
・仕事を共有できる
・協力して仕事を勧められるので効率が上がる
・お互いの弱みをカバーし合える
・共に喜ぶことができる

特に、メンタル面が強くなる
信頼できる相手と仕事をすることで心強くなることは間違いない

 

当然、ペアを組んで仕事をすることでのデメリットもある
・実績を折半する
・相性の営業スタイルが合わない
・相手のスキルレベルによってはフォローする必要がある

ペアを組むことで負担を強く感じる場合は
決してうまくいかない
単独で営業活動をするほうがあなたには合っているだろう

 

では、誰とペアを組むか
行員同士でペアを組むというのはあまり現実的ではない
なぜなら、個々に大きなノルマが張り付いており、
お互いをカバーし合い仕事をするには無理がある

 

一番理想的なペアの組み方は
行員とスタッフ(パートさん)というゴールデンペアだ

 

銀行には、営業の仕事を補佐するスタッフがいる
基本的には役付者と帯同をし、商品説明や事務の補佐などをしていることが多い

営業としての商品知識もあり、
ノルマが多少なりとも課されている場合が多いはずだ

 

そのため、ペアを組んで仕事をするということは
獲得した実績を案分することになる
せっかく獲得した実績をわけることに納得がいかない、と思う行員も多いだろう
でも、ペアを組むことで仕事が効率よく回り始める
仕事に勢いがついてくれば実績も上がる
プラスの効果が見込める

 

ちなみに割合としては、当然話し合いによって決める必要があるが、
参考までに当時の私たちの案分比率は7:3だった
7割が私、3割がスタッフ
仕事量の負担などを考慮し取り決めた割合である

 

ペアを組んで仕事をすることのメリットは大きい
一人で営業をしていた時と比べてメンタルがかなり楽になる
情報を共有している相手がいることで
一人で営業の悩みを抱え込まずに相談することができる
共に戦う相手がいるということは営業の強みになる

 

実績を案分することなんて大したことではない
そんなことをいちいち気にしているよりも、
効率よく一人でも多くのお客さまと面談し、
提案できることのほうが意義がある

 

自分と相性のよいペアと出会うことで
営業に勢い出る
営業という過酷な仕事をする中で、
共に喜びを分かち合える相手がいるというのは自分の心にもゆとりができる
営業での成功を勝ち取るためにペアを組むことは有効的な戦略だと思う

 

一人で行き詰まった営業をしているのなら
ペアを組んで仕事をしてみるのも一つの方法だ
個人で黙々と戦っているよりも違った一面を感じることができる
何事も挑戦することが大切だ

 

楽天リサーチ第1位 男性に売れてます!!

 

 お得なセット、続々と売れてます!!  

 これなら簡単に続けられる!!