実績を妬む醜い心を捨てろ 銀行には寛大な心を持つ銀行員はいないのか

営業を担当するようになり、常に思っていたことがある
醜いと思っていたことがある

 

実績を出せばそのたびに感じるイヤな雰囲気
人の成果を素直に喜べない、喜んであげられない
営業の世界とはそんな醜い世界だ

 

成果をあげた人はすごいと思う
努力したからこそ、その成果が実ったのだ
素直に喜べたらどんなにいいことか
いつもそう思っていた

 

営業の世界は醜い
同じ職場で働いている同僚の間で
嫉妬や妬みが渦巻いている
喜ぶことよりも悔しいと思う気持ちが優先されてしまう
女性の営業担当が多い支店ほど、それが露骨な態度となって出ている

 

営業を担当する女性には
いわゆる体育会系のような女性が多い
何事も勝負の世界だ
支店で自分よりも成績のよい行員がいると気に入らない

 

何とも醜い残念な考え方だ
時には年次が上であることをいいことに
陰口をたたき自分のまわりを固める
同じ職場で働く行員として最低だと思う

 

私はというと・・・
当然、そんな醜い考えの持ち主たちに標的にされた一人
実績を出すたびに睨まれる
本当は大喜びしたいぐらいの成約があっても
面倒なので静かにしていた
それが賢明だと判断したからだ

 

ある日、隣に座っていた先輩の女性上司が大きな成約をとってきた
彼女は証券会社を辞め、中途採用で銀行にきた
他の支店から異動してきて2、3ヵ月ほどしか経っていなかったが
明るくて物知りでとても頼りになる先輩だった
私も大好きだった
その先輩はまわりにいる醜い行員とは違う気がしていた

 

その先輩が大口成約をとってきた
すごい!!素直にそう思った
何だか私までうれしくなり
「すごいですね!!本当にすごい!さすがです!!」と声をかけた

すると先輩が小声でこう言った
「いっしょに喜んでくれたのは〇〇(私)さんだけよ
ありがとう 大きな声では言えないけど私もうれしい!!」

 

それをきいたとき
何だかとても悲しかった
なぜ、がんばっても大喜びできず妬まれてしまうんだろう
素直に喜べたらどんなにいいことか

 

自分が成約できたときは誰もがうれしい
そのうれしさをみんなで分かち合える
そんな職場が理想だ
切磋琢磨している営業という職務だからこそ
共に喜び合える寛大な心が必要であり
決して忘れてはいけない心だと私は強く思う

 

実績が出せるのはその人ががんばったという成果の表れだ
どんなに悔しいと思っても
自分が成約した時の気持ちを思い出してほしい
とてもうれしいはずだ
誰かにその喜びを伝えたいはずだ
だからこそ、人の成果を共に喜ぶ

共に喜びを分かち合える人がいれば
またがんばれる
それが営業を楽しむ秘訣でもあると私は思う

 

 

ステキなあなたに!!

!!!↓↓↓

↓↓ まだ間に合う!急いでゲット!!

資産運用を提案する銀行員の鉄則 不安なら使えるものは何でも使え!!

銀行で営業と言う職種につき
資産運用の提案をするようになった私

 

営業担当として重要な
コミュニケーション能力については
自信があった私
お客さまとの関係構築に悩むことはほとんどなかった

 

そんな私であるが
資産運用について提案するたびに
常に不安に思っていたことがある

それは、
お客さまからの質問に的確に答えられるか、という不安だ

 

知識不足を自分でも痛感していた私
株式や為替相場、提案した商品について
私の知らないことを質問されたらどうしよう・・・
常にそう思いながら資産運用の提案を行っていた

 

当然、他行ですでに運用をされているお客さまは
行員以上に知識が豊富である
そのため、質問もマニアックなことが多い

 

そのたびに、焦る・・・
質問に答えられない・・・
「ちょっと確認します」と笑顔を振りまきその場を離れる
内心やヒヤヒヤ・・・
これはまずい!!と思いながら知識豊富な上司や同僚に駆け寄る

 

当然、マーケット動向や商品知識については
研修や勉強会で知識を身に着けているわけだが
結局は一般的はことしか習得できていない

相場を読みとる力だったり
過去のデータから比較分析するなどの専門的なことについては
さっぱりわからない
そんな行員も多いはずだ

 

私のように知識が乏しいくせに資産運用を提案している行員は
どうしたらいいか・・・

 

それが
「使えるものは何でも使え」という概念だ
これは私が営業を担当して間もない頃に上司から言われた言葉だ

 

言い方は悪いが、
自分の営業や知識に不安がある場合は
それなりに詳しい知識をもつ同僚、上司、出向者に同席してもらえばいいということ

 

投信で相場のことが不安なら証券会社からの出向者を頼ればいい
保険提案で不安なときは保険会社からの出向者に同席してもらう
そうやってフォローしてもらうことで
不安な部分は消え、思い切って提案できる

 

そうやって営業をしていくのだ
隣で話をきくことで自分もお客さまといっしょに勉強していく
知識を深めていくことで自分でも説明できるようになる

 

最初から完璧に資産運用を提案できる担当者なんていない
最初は誰もが不安だ
未熟なことは誰もがわっている

決して自分で全て完結しようと思わず
同じ職場で働く人の力を借りていけばいい
その繰り返しで自分自身が知識を深め
自信を持ってお客さまに提案できるようになるはずだ

 

自分の知識に自信がついてきたら
今度は後輩を助けてあげたらいい
そうやって成長していけばいいと私は思う

不安を恐れずいろいろな人にフォローしてもらいながら           資産運用を提案するバッターボックスに立ち続けること                      それが営業をするうえで大切なことであると思う

 

 






銀行員の知識レベル 資産運用を提案する行員が知識豊富とは限らない

銀行とはお金を預けるところ
お金を貸してくれるところ
資産運用するなら証券会社
同じ金融機関であっても昔はそうやって線引きされていたかと思う

 

ところが、今はどうか・・・
銀行でも資産運用が当たり前のようにできる時代
取り扱い商品も以前とは比べ物にならないほど
豊富なラインナップとなっている

 

そこで疑問なのが
行員の知識レベルである
資産提案している行員は知識が豊富なのかということだ

 

その答えはノーに近い・・・と私は思う
実際に資産運用を担当していた私がそう思う

 

マーケットの動向については新聞や朝礼でチェックする
日経平均が上昇している要因について聞かれれば、
新聞に載っていることを述べるだけ
為替についても同じだ
言葉は立派ではあるが、その内容について本当に理解しているかといわれると
正直厳しいところがある

 

私に関して言えば
もともと窓口の受付事務だ
学生時代、経済について勉強したことは一度もない
預金のことすらもあまり知識がなく
入行してから知識を頭に詰め込んだ

 

資産運用についてもそうだ
銀行で営業を担当するまで
投資商品やマーケット動向などは縁遠いものだと思っていた

 

そんな私が営業を担当し
資産運用していたのだから自分でも驚いてしまう

 

語弊があってはいけないので
ここで敢えて言わせてもらうが、
銀行には、相場知識や資産運用に詳しい行員はたくさんいる

当然、銀行で運用を担当する担い手は
それなりに知識を持ち合わせてはいる
相場についてに研修、商品の勉強会などが頻繁の行われ
知識習得の教育を受けている
また、運用を担当するにあたり、
必要な資格についても習得している

 

ただ、何が足りないかというと
相場を読む力や知識がやはり乏しいということ
特に資産運用を提案している一般職の女性行員に多い
自身ですでに運用されているお客さまから深く追求されると
ギョッとする 答えられない・・・
あなたもきっと同じような経験があるだろう

 

そうなるとどうするか・・・
知識豊富な上司や同僚を頼るしかない
証券会社や保険会社から銀行へ出向していることも多い
専門的なことについては彼らが答えてくれる

 

例え、知識が乏しくても
知識がないことを悟られまいと
適当なことをペラペラ話してしまってはいけない

わからなければ、それを認め、
同僚や上司に助けてもらえばいい
そこできいてことを自分の知識として習得し、
次の提案の際に活かしていけばいいだけのことだ

それを繰り返していくことで                       今まで知らなかった知識を増やし                      自分でお客さまに説明できるようになるのだと私は思う

人と違うものを身に着ける快感!!

締切迫る!!まだ間に合う!!

銀行は運用の初心者が多い 自分の身を守るためにもリスク説明は厳重に

資産を増やす手段として、
株や投信、FX、仮想通貨など
投資分野に足を踏み入れている人は少なくない

 

当然、銀行でもそういった顧客獲得のため
投資商品のラインナップが年々増えている
とはいえ、銀行で取り扱っている商品はまだまだ少ないので
証券会社への仲介を行っている金融機関もある

 

資産運用を提案しているあなたなら気づくはず
銀行で資産運用を検討するお客さまは
運用経験がない、運用初心者が比較的多い

 

そもそも、投資に関心がある人は
銀行でなんて運用しない
投資するならそれなりの機関での運用を検討する
株なら証券会社、よりリスクの高い勝負に出るならFXや仮想通貨など
自分の求める投資先で運用している

 

なぜ、銀行には自ら投資したいと来店されるお客さまが少ないのか・・・

 

その答えは簡単だ
所詮、銀行はお金を預けるところ
お金を貯めておくところ
多くのお客さまがそのために銀行を利用している

 

投資してお金が増える
こんなにうれしことは他にない
投資してお金が増えるなら誰もが運用を検討する
でも、それは夢のような話であり
当然、大切な資産が目減りするというリスクがある

 

投資することに多少興味があるものの
がんばって貯めてきたお金が減るのはイヤ
資産運用をしている人は多いけど、何だか怖い
それなら減る心配のない預金にお金を預けておいたほうがいい
そう考えるお客さまが銀行に多いことは確かだ

 

大切なお金を預金に貯め、守り続けているお客さま
そのお客さまにリスク商品を提案する銀行員
当然、リスクに対しての経験がないお客さまに対して
リスク説明をしっかりと行い、理解を得ることは重大な責任がある

 

どれだけ価格変動商品のリスク説明が義務付けられているとしても
営業担当者の説明の仕方によっては
お客さまが十分理解していないことも少なくない

これでもか、というほどリスクを説明したとしても
自分が思っている以上にお客さまは理解されていないと思ったほうがいい

 

だからこそ、
銀行員が投資商品を販売する場合、
商品のメリットだけを言葉巧みに話していてはいけない
増える可能性のある商品には
当然、減るというリスクがあるということ
むしろ減るかもしれないということを強く強調する必要がある

 

営業をしていると
リスクについてそこまで言わなくても
お客さまは理解されているだろう、と
過信してしまうこともある

それが、トラブルをひき起こす原因となる
減るなんてきいていない、
こんなことになるなんて思っていなかった・・・
こういったトラブルが起こっていることも確かだ

だからこそ、
あなたが資産運用を提案するのなら
リスクについてしっかりと説明し
お客さまの理解を厳重に確認する必要がある
そのことがトラブルを回避しあなたの身を守ることにもつながるはずだ

 

!!! ↓↓↓

クリスマスプレゼントに最適!!             欲しい頃には手に入らないかも               

リッチクリームで髪を洗うという新発想 ≪WEN≫ 60日間返金保証付き

営業は正々堂々と勝負!!リスク説明を恐れないのが正しいセールス方法だ

半期ごとに課される大きなノルマ
その見えないノルマというプレッシャーに
押しつぶされそうになる
それが銀行の営業マンというものだ

 

窓口受付事務をしていた私が営業担当者となり
これだけは絶対にしない、と
心に決めていたことがある

それは
「無理なセールスはしない」ということ

 

窓口で嫌というほどリスクを理解せず
価格変動商品を保有しているお客さまをみてきた

運用商品が多様化する金融業界
資産運用するお客さまが増えている分、
やはりリスクについてのトラブルも多い

だからこそ、リスクを理解したかどうかのチェックを書面で行う金融機関や
担当をかわり購入意思を確認するという金融機関も増えてきた
それは正しいと思う

 

でも、書面で確認を行ったり、
他の者が購入の意思確認を行ったところで
お客さまの理解をしっかりと確認できたかどうかの判断は私の経験上、難しいと思う

なぜなら、営業担当者とお客さまの間で
すでに契約をするという話がまとまっているためだ
書面チェックや意思確認はその手続きのためのステップあり
お客さまもそれほど真剣にはきいていない
ただ、「はい、はい」と適当に返事をしていると感じたことも多い

 

だからこそ、
営業担当者のリスク商品に対しての説明責任は大きい
担当者がどれだけリスクについてしっかりと説明したかが問われる

 

銀行員とお客さまという関係ではあるが
やはり人と人との関係である
だからこそ、人に正しくしっかりと物事を伝えることは
人として当たり前のことだと思う

 

その当たり前のことができない、敢えてしない場合
やはりどこか後ろめたい気持ちになるはずだ

 

リスクをしっかりと説明して断られることは悪いことではない
むしろ、正しいことをしたという結果だ
自分はしっかりと説明したという証明でもある

悔しいかもしれないが、それならその経験をもとに
また新たなお客さまに提案すればいい
断られるたびに、提案方法がうまくなる
より的確にリスク説明できる力がついてくる
だから断られてもあなたの行動は無駄にならない
断られることがイヤでリスク説明しないほうが間違っている

 

断られることを恐れず
お客さまに胸を張ってリスク説明できる営業マン
それがお客さまの立場に立った提案ができる
お客さま目線の営業マンだと私は思う

 

見られるという快感、あなたも感じませんか!!

 

試せばわかる!!この違い!!↓↓

 

これはダメでしょ!!ノルマの重圧に負けた営業マンの最低のセールス方法

営業を担当すると
大きなノルマが課され、
その重圧にかなりのプレッシャーを感じる

目先の成約ばかり考え
成約できないと焦り始める

 

そんな営業マンたちがどうするか・・・というと
お客さまのニーズに合わないような無理なセールスをする

 

私が営業担当になる前、
窓口で受付事務をしていると
よくこんな質問をされた

運用報告書を持参したお客さま
「これっていったい何だろう」
「これがいいですよ、と勧められて契約したんだけどよくわかっていないから教えてほしい」

「え?」

 

運用商品である投信を保有
価格変動商品であること、元本保証されないリスクがあることを理解していない
預金の延長だと思っている

 

こんなのおかしい
どうして商品リスクを理解できていないお客さまが
こんな商品を保有しているのだ
どういう経緯で価格変動商品を提案し、契約までしているのだ
担当者はどんな説明をしたんだ・・・

 

商品の説明をすると
「え?元本保証だと思っていた」「減るなんてきいてない」など
変動するリスクについて驚くお客さまも少なくない

 

これって間違っている
この商品をセールスした担当者は
間違っている
お客さまの理解をしっかりと確認したうえで
契約するのが当たり前だと思っていた私
とにかく腹立たしい気持ちになった

 

そんな私が営業担当になった
今度は、自分自身が価格変動商品を提案する立場になった

 

営業の世界へと足を踏み入れ、
窓口では決して感じることのない感覚に襲われた
それはノルマに対しての極度のプレッシャー

 

窓口にいたころは
例えノルマがあったとしても
窓口担当者でのチームプレイのような部分がある

ところが、営業担当となると
まるで個人プレーヤーだ
ノルマを達成するかどうかは担当者次第
できれば評価されるしできなければ切り捨てられる
まさに孤独な闘いだ

 

何とかして商品を契約しなければ・・・
大きなノルマという重圧から解放されるために
契約をとらなければいけない、という
目先の成約だけにとらわれるようになる
そうなると最後、
いわゆる「押し売りセールス」をするようになる

 

言葉巧みに商品のメリットだけを強調し
肝心なデメリットについては軽くさらっと説明するのみ

当然、その説明を受けたお客さまは
「これはいい!!魅力的な商品だ」と感じ契約する
後日、運用報告書が届き
目減りしている自分の資産に驚き来店される

 

だいたいそんな感じだ
でもそんなセールスをしていると
いつか自分の首をしめることにつながる

 

リスク商品を売るなら
そのリスクについてしっかりと説明する必要がある
当然、リスクを強調すれば、
お客さまが契約をやめるかもしれない
でも、それは仕方がないことだ
ごり押しして契約してもらったとしても
後々トラブルになるケースも十分考えられるし、その現場をみてきた

 

契約を断られたら、また新たなお客さまに提案すればいい
提案し説明していく中でそれを理解し契約してくれるお客さまもいる

 

営業活動は仕事をしている限りずっと続く
目先の実績にばかりとらわれて自分を失ってないけない
そうなったら営業マンとしては負けだと私は思う

 

あなたのその腕、みられていますよ!! 

アスリート、モデルも愛用  メディアで話題沸騰中!!