できる営業マンの判断は獲得した収益ではなく獲得した件数だと思う

営業を担当するようになると
担当顧客のリストを渡される

当然、年次や営業経験、役職などによって
担当する支店の顧客リストの層もかわってくる

役職が上だったり実績が認められている行員には
ある程度、資産残高が多い顧客が振り分けられる
一方、年次が若かったり経験年数が少ないと
大口残高の顧客を担当するケースはなかなかないかもしれない

 

私が銀行で本格的に営業担当となったときに担当した顧客層は
預金残高5百万以上10百万円未満というという層だった
この層を当たりとみるかハズレとみるか・・・

 

一般的には資産残高の高い顧客のほうが
大きな収益を生むと考えられる
一回の契約で大きな金額が動かせる可能性があるというわけだ

 

しかし、私の経験上、そうとも限らない
お客さまの中にはペイオフ対策などで
資産を分散していくつかの銀行へ振り分けている方もいる
担当しているお客さまの預かり資産が大口顧客に該当しなくても
十分戦える

 

一人の担当顧客で大きな収益が獲得できればでそれにこしたことはない
でも、そんなラッキーは続かない

 

本当に営業ができる人とは
契約件数が多い人のことを言うのだと私は思う
例え成約金額が他の行員よりも少ないとしても、
1件は1件だ
あなたのがんばった成果だ

 

成約件数の数は決して運だけでは伸びない数字だ
件数が多いということは
それだけ多くのお客さまから信頼を得ているということだ

 

お客さまにとって預金はとても大切なもの
最終的な決定はお客さまの判断ではあるが
あなたの提案をきき、検討してくれたわけだ
あなたのことを担当者として認めてくれたこそ
成約までの道が拓けたのだ

 

営業は一発勝負ではない
お客さまとの関係を築き上げ、
コツコツと実績を積み重ねていくことが大切だ
その積み重ねがいずれ大きな結果となる

 

大きな収益を上げることだけにとらわれず
小さな収益をコツコツ積み上げることのほうが
価値のある成果だ

 

大きな収益をあげることだけが営業ではない         より多くのお客さまから信頼を得ることで          コツコツと実績を積み上げていくこと、           それこそが本当の営業であり、できる営業マンなんだと私は思う

 

首の小じわ気になるあなたに!!初回限定64%オフ

事務手続きを覚えことも営業を始めるうえで必要なことだ

営業を担当するようになると
大きなノルマが重圧となり、
何とかして実績を出そうとする

 

実績にとわわれて
手当たり次第、商品を提案しているあなた
一度このあたりでその方法を見直してみませんか?

 

上司からのプレッシャー
同僚が実績を上げるたびに焦る気持ちは十分わかる
でも、今のままでは実績はなかなか伸びない

 

もともと窓口の受付事務を担当していた私
セールスする気もなく、辞めたい辞めたいと思いつつ
窓口で毎日淡々とお客さまの事務処理をこなしていた

 

そのおかげで自分が営業担当になったときに
役に立った、困らなかったことがある

 

それは、お客さまの事務対応だ

自分は営業担当なのだから、
事務手続きの方法なんて覚える必要はないと思っているあなた、
それは大きな間違いだ

 

営業活動をしていくと
営業以外のことで事務手続きが必要であったり
お客さまから依頼されることが多々ある

当然、営業の知識しかない場合
その場で自分で対応することができない

必要となる書類の書き方を同僚に教えてもらい、後日対応するか、
同僚に同席してもらい手続きを行うしかない
簡単にできる事務手続きが自分で完結できないのだ

 

営業していくうえで
お客さまのとの円滑なコミュニケーションは必要不可欠だ
「銀行のことなら私に何でもお任せください」
調子のいいことばかり言っていても現実的には自分で解決できない

 

実際、私が事務受付をしていた時、
営業担当の同僚から事務手続きの仕方をよくきかれた
営業ならそのくらい自分でできるようにしろよ、毎回そう思っていた

 

入出金、公共料金の口座振替 振り込み、住所変更、改印など
とにかく銀行ではいろいろな手続きが行われている
当然、銀行を利用するお客さまも、
貯蓄目的以外にそのような目的で利用されることも多い

 

担当しているお客さまから依頼や手続きに関しての質問を受けることも多い
その時、迅速に対応できるかで
あなたに対してのお客さまの評価もかわってくる

 

「この人にならお願いできる」
数ある銀行のなかであなたの働いている銀行を選び
お客さまがあなたのことを担当者だと認めてくれる
営業マンにとってこんなにうれしいことはない
より深い関係が気づけている証拠だ

 

営業をするということは、窓口でのその場限りのお客さま対応とは違う
何度も何度もコミュニケーションを図ることで
お客さまがあなたの話をきいてくれるようになる
商品を提案できるようになったり
提案した商品を気に入って契約してくれるのだ

 

事務手続きを覚えても実績になるわけではないから
無駄なことだと思うかもしれない
その都度、同僚に手続きしてもらえばいい
そう思うかもしれない
でも、その事務手続きの対応も営業における必要なスキルだと思う

 

たかが事務されど事務だ
お客さまの事務手続きがスムーズにできいる営業は
仕事の効率もいい そしてできる!!

お客さまのニーズに銀行のことなら何でも応えられる営業マン
そんな営業マンをお客さまも求めているはず
簡単な事務手続きからまずは覚えよう!!
そこから営業に出ても遅くない!!

毎月先着500名限定でお得に購入!!

パートで働いている人たちこそ銀行の仕事と極めているプロだ

銀行で仕事していくうえで
パートさんたちをナメてかかってはいけない パートさんたちこそ銀行の仕事のプロだ

 

とにかくパートさんたちを敬うべきだと私は思う
彼女たちの対応によって
あなたの仕事が円滑にまわるかどうかがかかってくる

 

銀行で仕事をしていると
「正社員だからえらい」
そう思っている何とも残念な行員も多い

何が、何処がえらいんだ!!
常にそう思っていた私

正社員だと仕事ができるのか、大声でそう問いたい

 

給与がいい、福利厚生が利用できる、出世がある
正社員とはそういった優遇された部分があるだけで
決して仕事ができるわけではない
むしろ、パートさんやスタッフさんたちのほうが
仕事ができることが多い

 

どの支店にも、長年、銀行でパートとして働いているスタッフさんたちがたくさんいる
あなたが若ければ若いほど、
入行する前から働いているパートさんも多いはずだ
一度で銀行を退職され、再びパートとして銀行に勤めている方も多い
パートさんは仕事では大先輩だ
そして人生においても大先輩だ

 

そんなパートさんたちを
ただの事務処理をする人だと思っている行員も多い
しかし、大きな間違いだ

 

長年銀行に携わっているパートさんなら
銀行での知識が豊富
事務手続きだってプロ級だ
お客さまのことをあなた以上によく知っている

当時の銀行の話はもちろん、
今はえらそうな態度をしている上司の若い頃のことだって
知っているかもしれない

 

あなたの仕事の事務手続きをしてくれるのもパートさんたちだ
手際よく仕事をこなし、行員の仕事が円滑にできるようフォローしてくれる
あなたの知らないところであなたのフォローをしてくれているのだ
まさにパートさんたちは縁の下の力持ちだ

 

銀行にはパートと呼ばれるスタッフさんたちが多く務めている
銀行の仕事を支えている
私が勤めていたころは
優秀なスタッフさんたちが多く
仕事を次から次へと効率よくしていた
その姿をみてすごいと思ったし、仕事のことで助けてもらうことも多々あった

 

何よりもお客さまのことを知っているというのが
行員には決して敵わないパートさんたちの強みだ
もちろん、個人情報の関係でパートさんでも異動することがあるが
多くは長くその支店に勤めている
だからこそ、あなたの知らない情報を知っている

 

仕事もできる、お客さまのことも知っている
そんなパートさんたちは
銀行で仕事をするうえでのプロであり
あなたの仕事を支えてくれる頼もしいパートナーだと私は思う

 

パートさんの仕事をする姿を一度みてみるといい
こんなことまでやってくれていたんだ、と
驚き尊敬する部分があるはずだ

正社員がえらいんじゃない

職業上の区分の違いだけであって
仕事面では行員よりもパートさんのほうができることが
たくさんある

 

初回限定80%オフ スッキリを手に入れよう!!

職場でお局さまとうまくやっていくために必要なこととは

あの人を敵にまわしてはいけない

銀行に長く勤めれば勤めるほど見えてくる人間関係
例え異動したとしても
その店ごとに支店を牛耳るキーマンがいる

 

私の経験によると
いわゆる中堅と呼ばれる女性の行員が
そのキーマンに該当していることが多い

 

銀行のこと、仕事のノウハウの知っており
同僚や後輩から頼られる
上司もそんな中堅行員に対して
手厚い態度をみせる

 

そのキーマンとは俗にお局さまとも呼ばれる

 

そのお局さまににらまれたら最後
職場でのあなたの存在は危機的状況に陥る
仕事をしていくうえでかなりのマイナスだ

 

私が新入行員だったころ
ある支店にとても手ごわいお局さまがいて
毎年新入行員が辞めているといううわさを聞いた

不運にもその支店へ配属となった新入行員
とにかく職場で精神的に追い詰められ
たったの2か月で退職した

 

何ともさみしい話だ
せっかく厳しい就職活動を経て銀行への就職を勝ち取ったのに
配属された支店で精神的に追い詰められ
その勝ち取った切符を手放さざるを得ない状況へ追い込まれた

 

では、どうしたらお局さまとうまくやっていけるか

お局さまとの関係に悩む女性行員も多いことだろう
なぜ、女性行員に多いのか・・・
それは、お局さまは基本的には男性行員には優しいからだ

 

同じ仕事内容であっても
相手が男性と女性とでは態度が違う
男性には丁寧に教えている
同じタイミングで頼まれた仕事でも、
男性の持ち込んだ仕事のほうが優先される

とにかく男性には優しい傾向がある

 

客観的にみて
お局さまは、周りからちやほやされていると機嫌がいい
一目置かれたい、そう思っているお局さまが多い

 

だから同じ女性行員が
他の男性行員にちやほやされている姿をみたものならば
嫉妬がうまれ、瞬く間ににらまれる
年齢が若ければ若いほどお局さまににらまれるケースが多い

 

あなたが女性であればお局さまの前では
常に仕立てに出るのが賢明だ
仕立てに出るとは「相手に対してへりくだった態度で接する」ということ
それでいい
円滑な銀行員生活を送りたいのならばそうすべきだ

 

私の同期はこの仕立てに出ることでお局さまからとにかくかわいがられた
その態度をみて感心したものだ

 

仕事でお局さまに教えてもらうときには
必ず「忙しいところすみません」と一声添える
教えてもらった際には「なるほど!!」と大げさに言いお礼を必ず言う

ローカー室ではお局さまの着ている服をほめたり
とにかくちやほやされたい、一目置かれたいというお局さまの心理を
うまく逆手にとって行動した

 

「よくここまでやれるよね・・・」と言うと
「これがお局さまと職場でうまくやっていく最適な方法なんだ」と彼女は言ってた

 

そうかもしれない
例えそう思っていなくてもとにかく仕立てにでることが
職場での安泰を確保する最適な方法かもしれない

 

出る杭は打たれる
銀行はまさにこのこのことわざのような世界だ





「銀行で働く女性は計算高い」という世間のイメージは本当なのか

計算高い女

一般的に「計算高い女」といえば
男性からはモテるが
女性からは嫌われるイメージだ

 

「あの子、計算高いよね」
銀行は嫉妬や妬みが溢れる世界
当然、この「計算高い」と称された女性が多くいるのも確かだ

 

「計算高い」
そう言われて喜ぶ人はなかなかいない
むしろ、非難されているように感じいい気分はしない

 

確かに仕事をしている中で
「あっ、この人計算高いな」と思うことはある

 

上司にによって態度や声のトーンを変える
気にかけてもらいたい、ちやほやされたいがために
上司を心配させるような態度をみせる
上司がいるときといない時では態度が違う・・・

 

え?さっきまでケロっとして悪態ついていたじゃん!!
と思う人が急にコロっと態度を変え
上司に取り入られようとする・・・

 

その様子をみて感心する私・・・
どこにその切替スイッチがあるのかと驚く

 

一方、その様子をみて
気に入らない、鼻につくと感じる女性たち
上司にうまく取り入っている同僚をみると腹立たしい
そうなると「計算高い」というレッテルが貼られるわけだ

 

一度、同僚に「計算高い女」というレッテルをはられると
なかなかそのイメージは払しょくされない
それもかわいそうな話だ

 

人に迷惑をかけているわけではない
ただ、自分が気に入られようと努力しているだけだ
ただそれだけなのに非難される 残酷は話である

 

実はこんなことを言っている私も
計算高い女の一人である
あなただってそう 計算高い女だ

 

相手によって態度をかえる
この人には逆らってはいけないとおもう相手の前では
大人しくしているし、反感をかうようなことはしない
必死で自分の身を守る

 

そうなると世間の女性はみな計算高いということになる
それが表立って目立つと「計算高い女」となるわけだ

 

では、なぜ銀行で働く女性が計算高いと思われてしまうのか・・・

 

個人的な見解であるが
「銀行で働いている」ということが「計算高い」というイメージに
むずびついているのではないか・・・

お金を扱う = それなりに頭がいい = 計算高い

そして、世間では高給とりといわれている銀行

銀行員の男性に出会うチャンスがある  = 計算高い 

 

このようなことから
銀行で働く女性は世間から計算高いと思われているのだろう
否定はしない
事実そういう事例もある

 

でも、女性だけでなく男性も計算高い、それが当たり前だ
「計算高い」と称されるのは
それが人の目につくか否かの違いであると私は思う

    

お買い得!!72%オのチャンス

銀行という職場はまさに嫉妬や妬みが渦巻く世界だ

銀行という職場は
一見、華やかだと思われるわけだが
いざ、働いてみると決して華やかな場所ではない

 

銀行という職場は嫉妬や妬みが渦巻く世界だ
実績を積めば積むほど妬まれる
上司から可愛がられれば嫉妬される
そんな世界が待っている

 

例え異動したとしても事態は変わらない
なぜかそうなる

 

仕事に追われる・・・仕事がキツイ
そこにプラスしてして嫉妬や妬みに悩まされるわけだから
精神的にもキツイ

 

何故そうなるのか・・・

 

その要因の一つは
女性が多く働く職場だからだろう・・・

 

企業担当は男性の行員が多く
個人のお客さまの営業の場では
女性行員が多く活躍する

 

そのため、同じ仕事をしていて
自分よりも優遇される相手を目の敵にする
実績が自分より秀でるものには妬みや嫉妬がうまれる

 

そして仲間をつくり、気に入らない相手を阻害する
まさに学校でいうイジメだ

 

私の経験上、
そういった嫉妬や妬みで相手を苦しめるのは
いわゆる体育会系の女性行員が多い
競争の世界で生きてきたからこそ、
仕事での実績で自分が劣っていると悔しい
その結果、その悔しさが嫉妬や妬みとして現れる

 

なんとも残念な話だ

 

自分が担当するお客さまや案件には
当然当たりハズレがある
運がいいということもある

 

ただ、実績が積みあがるにはそれなりに事情がある
実績を積み上げるために
その人が人一倍努力しているからだ

 

その営業に対する努力もしらず
運がいいだけとか
お客さまに気に入られるために何かしている・・・などど
相手にあからさまにわかるような態度で
影でコソコソ陰口をたたくのはどうかしている

 

実績が求められ評価される世界
嫉妬や妬みがあるのは当然だと思われるかもしれないが
これは努力している人間のやる気さえ奪う
卑劣な行動であると私は思う

 

実績が積みあがり、評価される背景には
その人が自分以上に努力しているからだ
恨みや嫉妬ではなく、称賛すべきだ

 

努力している人、がんばろうともがいている人を
決してけなしてはいけない
嫉妬や妬みなんてバカらしい
私が銀行で働いていて強く思っていたことだ

 

これはお得!!72%オフで試せるチャンス

コミュニケーション上達のコツ⑨相手のことを知ることが関係を深めるコツ

これまでコミュニケーション能力向上のための
簡単なミニ講座をしてきましたが
今回で最終です!!

 

今回はコミュニケーションの中身を深くするコツ
その二つ目のコツです!!

 

そのコツとは・・・・
相手のことを知ること

 

コミュニケーションとは
自分のことだけを話す自己紹介の場ではありません
相手とのやりとりがあって
コミュニケーションというものが成立する

 

自分のことを一方的に話していても
それは、ただきいてもらっているだけ
そんな会話では相手のことを知ることはできません

 

だからこそ、会話をヒントに相手に問いかけていく
そこで相手の情報を得るのです

 

その情報を知ったうえで話を掘り下げていく
これがコミュニケーションの中身を深くするために必要なことなのです

 

 

例えば、季節が春で桜がきれいだという話をしていた場合

「〇〇さんはお花が好きなんですね」
「そうなのよ 花はみているだけで落ち着くわ」
「この時期だと桜がきれいなので数か所花見に行く予定なのですが
 〇〇さまは花見に行かれますか?」
「△△へ行く予定よ」
「そうなんですね 遠くですが旅行で行かれるんですか?」
「そんなのよ 季節ごとに花をみにいろいろなところを旅しているの」
「〇〇さまは旅行もお好きなんですね」
「そうなの 旅行は気分転換にとってもいいわよ」

こんな感じで話が展開していくケースもあります

 

会話の切り口から相手に問いかけることで
相手のことをいろいろと知ることができるのです

 

会話は相手のことがわからないとスムーズに進みませんよね
あなたがそこで得た相手の情報は、
今後、あなたが再びその相手と会話するときに使える材料になります
その材料をもとに会話を展開していけばいい

 

その繰り返しで相手との仲もきっと少しずつ深まるはずです
話の中身が深くなるほど、コミュニケーションの円滑に進む
会話を通じて相手のことをどんどん知っていきましょう

 

どうでしたか?
コミュニケーションに苦手意識があったあなた
少しは苦手意識が克服できましたか?

 

最初は苦手でいいんです
コツコツと続けていきながらコツをつかんでいきましょう
コツがつかめれば、あとはどんどん実践して自信をつける!!
その繰り返しでコミュニケーションが楽しくなるはず

 

コミュニケーション上達への近道は
より多くの人とコミュニケーションを図ること

実践し失敗を繰り返す中で
自分に合ったスタイルがみつかるはずです
とにかく実践!!
そしてステキなコミュニケーション方法をみつけてくださいね!!

おしまい!!

72%オフで試せるチャンスです!!

コミュニケーション上達のコツ⑧ 相手のことを深く知るために必要なこと

コミュニケーション上達のコツ
ミニ講座も8回目となりました

 

そろそろ苦手だったコミュニケーションが
楽しくなってきませんか?
いろいろな方と話せることって楽しいですよね!!

そう思えてきたということは
以前よりも自分からコミュニケーションをしようと
がんばっている証拠です

 

自分から勇気を出して声をかける!!
そこが大切です!!
少しずつでいい
コミュニケーションが苦手だった以前の自分と違うな、
そう思えることが成長の証ですね!!

 

コミュニケーションの能力は
すぐに上達するわけではありません
日々、実践を重ねていくうちに、自分に合ったスタイルができあがっていく
だからこそ、毎日コツコツと続けることが大切ですね
あいさつからのコミュニケーションをコツコツ続けていきましょう!!

 

 

さて、コミュニケーションの基礎ができてくると
今度は中身のあるコミュニケーションに発展させていく必要があります

 

この人ともっと仲良くなりたい
このお客さまのことをもっと知りたい
だからコミュニケーションが上手とれるようになりたい
そう思うわけです

 

でも、なかなかそこが難しい
例え、あいさつのコミュニケーションができるようになったとしても
なかなか話が続かない
会話の内容が当たり障りのないことで薄い・・・

 

私も悩みました・・・
話して話しても相手との仲が深まらない・・・
そんなときに試したことがあったんです
それが悩みの解決につながった

 

 

同じ悩みをもつあなたに
ぜひ試してみてほしいコツが二つあるんです!!

 

今日はその一つを紹介します!!

 

コミュニケーションの中身を深くするには
相手に自分のことを知ってもらうことが必要
これが一つ目のコツ

 

これはただ、自分のことを一方的に話すということではありません
あくまで、相手のことを知るための手段として
自分のことを話すのです

 

コミュニケーションとは、相手との言葉のやりとり
自分のことを話しつつ、相手に会話をなげかける
このやりとりこそがより深く相手のことを知ることにつながるのです
そのために、まずはあなたのことを相手に知ってもらうことが必要なんです

 

例えばこんな会話

「こんにちは 今日は暑いですね」
「ほんとね」
「これだけ暑いと冷たいものが美味しいですよね」
「ほんとだよね ついつい冷たいものに手が出ちゃうね」
「やっぱりそうですよね 私はこの時期に飲むビールが最高に好きなんですが
 〇〇さんはお酒は飲まれますか?」
「私もお酒が好きでね ビールもいいんだけどワインのほうが好きなんだよね」

ビールが好きという自分の話から、
相手もお酒が好きでワインが好きだと相手の情報を知ることができます
短い会話の中でも相手のことを知ることができるのです

 

後はそこから話の内容を膨らめていく

 

例えば・・・いつもどこでお酒を飲むか
      お店ならおススメなお店はどこか など

 

あくまで理想的な会話を示しただけなので
こんな簡単に会話が進むケースは少ないです

 

でも、自分のことを話して相手に問いかけることで
相手の今まで知らなったことを知るチャンスが生まれるのです
このチャンスをつかめば、会話の内容を発展させてることにより
相手の新たな情報もゲットしやすくなるし
より内容の濃い会話をしていけるはず

 

そのためにも、まずは相手に自分のことを知ってもらう
会話の中で自分のことを話し、相手に問いかける
これが相手とのコミュニケーションを深める一つ目のコツです!!
ぜひ試してみてください!!





コミュニケーション上達のコツ⑦ 私がすごいと思ったコミュニケーションの達人!

コミュニケーション上達のコツ 7回目

人とのコミュニケーションが苦手なあなたに
私がいつもすごい!!と思うコミュニケーションの達人の話をしようと思います

 

コミュニケーションの達人・・・
きっとあなたもそんな達人に会ったことがあると思う

 

その方々は・・・

 

 

レジのおばさん!!

 

買い物をするとき、必ずレジでお会計しますよね
コンビニだとレジは2か所ぐらいですが
大きなスーパーであれば、レジの数も多い

 

私がよく行くスーパーは、大きなスーパーなので
レジの数が多い

 

そこで毎回迷うんです
どこのレジでお会計してもらおうか・・・

 

急いでいるときは、空いているレジに並ぶこともありますが、
だいたいは並んでいる人の数も時間もそう変わらない
そんな時、どうやって並ぶレジを決めているかというと・・・

 

レジを担当している方をみて決めるんです

 

私がいつも行くスーパーだと、
お会計をしてもらうときに
気さくに話かけてくれる方と淡々とお会計をして終わる方がいるんです

 

どちらの対応が良いかは人それぞれですが
私は話かけてくれる方のほうが好きなんです
淡々とお会計を済ませて帰るんでは何となくさみしい感じがするんですよね

 

いろいろなところでいろいろな人と話せるチャンスがあるのだから
せっかくならコミュニケーションしたいですよね
なので、声を気さくに声をかけてくれる方のいるレジに並びます
けっこうそこでの会話が楽しいんです

 

買い物カゴに入っていた商品をみて
「これ、私も好きですよ 〇〇と和えるのがおススメです」
「これ、今日のお買い得ですよね かなり安くなっていますよね」
そんな何気ない一言から会話が始まります

 

これってけっこうすごいことだと思うんです
名前や住んでいる場所など相手のことを全く知らなくても
気さくに会話ができてしまうんです

だからこそ、コミュニケーションをするためには
率先して声をかけることが大切なんですね
そして、会話していくなかで相手のことを知る
これこそが、コミュニケーションを始めるきっかけですね!!

 

 

なぜ、こんな話をしているかというと・・・
今日、こんな出来事があったんです

 

次の予定の時間が迫っていたので空いているレジに並んだ私
「お久しぶりです!ちょっとみない間に子供さん大きくなりましたね」
そう声をかけてくれたレジのおばさん!!

偶然にも以前その方にお会計してもらったことがあったんです
その時も笑顔で声をかけてくれたレジのおばさん

 

そしてその方の会話にびっくりした私!!

 

「上のお子さんが二人いらっしゃいましたよね お兄ちゃんに似てきましたね」

その会話にびっくりしたと同時にとてもうれしかった私
そんなことまで覚えてくれていたんだ!!と感心した

 

毎日、多くのお客さんの応対をしているレジのおばさん
頻繁にスーパーに訪れるお客さんもいれば
たまたま近くを通り来店されるお客さんもいる

 

そのお客さん、一人一人に声をかけ応対する
何度も応対するうちに相手のことを知り、
その情報をもとに会話をする

 

簡単なようで難しい
それが自然とできてしまうレジのおばちゃんは
コミュニケーションの達人だと思う

 

ぜひ、スーパーに行った際は
レジのおばちゃんの応対方法をみてほしい
どうやって気さくに声をかけているか・・・
その自然な流れにきっと驚くはずだ

 

 

今なら72%オフ!!お得に試せるチャンス!

こちらも初回限定30%オフ!!